このページの本文へ
ページの先頭です。

消費者教育教材

印刷用ページを表示する掲載日2021年6月1日

県民が消費生活を送る上で必要な基礎的知識や判断力を身に付け,自立した消費者として自主的に行動ができることを目指し,消費者教育体系イメージマップを踏まえ,次のとおり消費者教育の教材を制作しました。
ついては,地域や学校等の講座等において,広くご活用ください。

<教材利用上の留意>
・本教材の著作権は広島県にあります。
・本教材(一部含む。)を活用する場合は,県消費生活課(Email kansyouhi@pref.hiroshima.lg.jp)までメールをお願いします。
(タイトル:「消費者教育教材の活用 〇〇学校・団体等」 本文:利用日,受講者数〔予定〕)。
・本教材は,適宜,更新していきます。

<消費者教育教材>
・「契約の理解とルール」
・「生活の設計と管理」
・「情報とメディア」
※令和4年度に,「消費者市民社会」と「商品等の安全」に関する教材を追加する予定です。

ダウンロード

契約の理解とルール (PDFファイル)(4.98MB)
契約の理解とルール (PPTファイル)(5.86MB)
契約の理解とルール3~5 (PPTファイル)(4.89MB)

生活の設計と管理 (PDFファイル)(3.51MB)
生活の管理と設計 1~2 (PPTファイル)(4.01MB)
生活の管理と設計 3 (PPTファイル)(4.12MB) 
生活の管理と設計 4~6 (PPTファイル)(7.34MB)

情報とメディア (PDFファイル)(3.47MB)
情報とメディア1~4 (PPTファイル)(8.41MB)
情報とメディア5~6 (PPTファイル)(3.43MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする