このページの本文へ
ページの先頭です。

古文書に発生したカビの除去

印刷用ページを表示する掲載日2016年2月26日

古文書に発生したカビの除去方法

  古文書などの紙資料にとって,とくに注意しなければならないのは水や湿気による害です。水に濡れた紙と紙が固着した状態で乾燥すると,はがすのは大変です。まして,虫喰いなどの被害を受けている古文書の場合,はがす作業は一層困難となります。また,水の被害を受けた文書をそのまま放置しておくと,カビが発生し,文書を汚損してしまいます。ここでは,そうした水による被害を受けた文書の処理方法について紹介します。

→ リーフレット「文書に発生したカビの除去方法」 〈PDF419KB〉

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする