このページの本文へ
ページの先頭です。

『広島県史研究』第7号目次

印刷用ページを表示する掲載日2019年8月6日

第7号(昭和57年3月31日発行)

※()カッコ内は執筆者名

  • 広島県史の完成を願って(田中稔)

研究

  • 地方文書と近世史研究(藤沢勇)
  • 戦後広島県の教育改革(藤原浩修)
  • 山県郡南方村大字畑採訪記(坪井洋文)

資料紹介

  • 山田漠氏蔵五龍王祭文について(藤井昭 松井輝昭)
  • 天保期の農家奉公人規定(鈴木幸夫)
  • 官約移民数について(児玉正昭)

県史の窓

  • 地元以外での県市町村史利用について(小野寺逸也)
  • 町村役場文書の利用と保存(松林俊一)
  • 史料の活用(有田吉之)
  • 地域史としての「おはなし歴史風土記」(松木鶴美)
  • 空襲・戦災を記録する運動と資料保存(岡田智晶)
  • 民俗資料の調査と収集(新藤久人)

書評

  • 『広島県史 古代中世資料編V』(永原慶二)

彙報

  • 市町村史編さんの現状と課題
  • 広島県立文書館建設基本構想についての報告

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする