このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県立総合技術研究所 研究課題評価結果

印刷用ページを表示する掲載日2023年1月10日

研究課題の評価について

評価の目的

広島県では、「透明性の確保と県民への説明責任の遂行」、「公的資源の重点的かつ弾力的配分の実現と検証」、「研究者の創造性の向上と柔軟で競争的な研究開発環境の整備」を目的として、県で実施する課題解決研究(一般型)について評価を行っています。
平成28年度からは、事後・追跡評価は内部の運営機関で評価し、事前評価は外部有識者が加わって評価しています。

評価の種類

事前評価

新規に立案された課題解決研究(一般型)について、技術的な目標達成可能性や県民または産業界の具体的ニーズの存否などを評価します。

中間評価 (平成24年度まで実施)

進捗状況、目標達成の見通し、ニーズ変化などについて評価し、事業継続の適否を判断します。

事後評価

研究目標の成否、技術移転または技術普及の状況、波及効果などについて評価します。

追跡評価

研究成果が社会・経済などに及ぼした効果を把握し、研究開発の企画・立案機能の強化や成果移転などの効果的な推進に活用します。

関連情報

研究課題評価マニュアル

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか?