ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県のHIV/エイズ情報

印刷用ページを表示する掲載日2019年1月22日

HIV/エイズの理解と早期発見のために

現在,HIV/エイズは,世界で共通の問題となっています。

HIV/エイズをむやみに恐れる必要はありません。

HIV/エイズは,感染経路や予防方法が分かっており,感染経路を正しく理解し,正しく対処すれば十分に予防できる病気です。

HIV・エイズの基礎知識

HIV・エイズの基礎知識リーフレット

エイズ患者・HIV感染者報告数

日本の新規のHIV感染者及びエイズ患者報告数は,年間1,500人前後です。

エイズ相談・検査

「エイズについて知りたい」とか「悩みがある」という時は,最寄の保健所などに気軽に相談してください。
また,保健所などでは無料・匿名のエイズ検査を受けることができます。

HIVに感染していることがわかった時は

早期に治療を始め,継続することが大切です。

医療機関の方へ

広島県エイズ対策推進指針

 本県における,医療機関をはじめとする関係者が,エイズに係る取組を進める際の施策の方向性を示すものとして,平成30年3月に「広島県エイズ対策推進指針」を策定しました。
 「県民が,エイズについて正しく理解するとともに,安心して検査,医療・介護を受けることができる体制を構築する。」ことを基本理念に,取組を進めることとしています。

関係機関リンク(外部のサイトへリンクしています。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする