このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

印刷用ページを表示する掲載日2022年3月30日

 本県においては,オミクロン株の感染急拡大に伴い,保健所業務がひっ迫する状況となっており,保健所による積極的疫学調査を重点化しています。

 そのため,保健所による行政検査は,当面の間,実施しないこととしています(同居者,医療機関及び社会福祉施設など,保健所が対応する場合を除く)ので,濃厚接触者の方へは,下記のとおり,患者本人等から御連絡いただくようお願いします。患者本人の療養については,保健所から連絡がありますので,指示にしたがってください。また,これまでどおり,患者本人等から所属先(職場又は学校等)への報告について,徹底いただくようお願いします。

患者本人から御連絡いただきたい濃厚接触者とは

 患者の感染可能期間(発症2日前(無症状者の場合は,陽性確定に係る検体採取日の2日前)から退院又は療養解除の基準を満たすまでの期間)における,次の範囲に該当する方を言います。なお,同居者,医療機関及び社会福祉施設関係者については,保健所から連絡させていただきます。

【濃厚接触者】

  1. 患者と同居あるいは長時間の接触(車内,航空機内等を含む)があった方
  2. 手で触れることの出来る距離(目安として 1 メートル)で,必要な感染予防策なしで,患者と 15 分以上の接触があった方
  3. 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
  4. 適切な感染防護なしに患者を診察,看護若しくは介護していた方

※患者と同一の航空機内において、前後2列を含む5列以内の列に搭乗 していた者

(国立感染症研究所感染症疫学センター 新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(令和3年1月8日版)より)

濃厚接触者の方への説明事項

同居者以外に濃厚接触者がいる場合,次のことを実施するよう伝えてください。

  • 外出自粛(下記の期間)
  • 症状が出た場合,かかりつけ医や診療・検査医療機関の受診

外出自粛期間

患者と最後に接触があった日(最終接触日)の翌日から7日間(8日目に終了

※ 社会機能維持者であるか否かに関わらず,抗原検査キットの検査を行うことにより,期間が短縮される場合があります。詳しくは,こちらを参考にしてください。

外出自粛期間の過ごし方

  1. 期間内に発症する可能性があるため,不要不急の外出はできる限り控えてください。通勤や通学もお控えください。やむをえず外出する際は,マスクの着用,手洗い,人との接触は避けてください。
  2. 公共交通機関を使用しないでください。(不特定多数が利用する電車,バス,タクシー,飛行機など)
  3. 健康状態を毎日ご確認ください。
  • 1日2回(朝・夕)体温測定をしてください。
  • 発熱,咳,息苦しさ,強い倦怠感などの症状に注意し,これらの症状がみられたら,かかりつけ医や診療・検査医療機関を受診してください。

 ※かかりつけ医がない場合は,積極ガードダイヤルへお電話いただくか県ホームページ「新型コロナウイルス感染症に係る診療・検査医療機関の一覧」をご覧ください。(積極ガードダイヤルは,時間帯によって,つながりにくいことがあります。インターネットを使用できる方は,できるだけ県ホームページ「新型コロナウイルス感染症に係る診療・検査医療機関の一覧」を御活用ください。)

受診時の注意点

  • 電話で事前に連絡し,受診方法を確認してください。
  • 公共交通機関は極力使用しないでください。
  • 受診時はマスクをしてください。

同居者がいる場合の注意事項

  • 同居者同士の接触をできる限り避けてください。
  • タオルや食器等の共用は避けましょう。
  • 咳エチケット,石けんと流水での手洗い,手指のアルコール消毒を心がけてください。
  • 手を触れる共用部分(例えば、ドアノブ,電気のスイッチ、トイレの便座やレバーなど)は,濃度70%以上のアルコール又は0.05%次亜塩素酸ナトリウムの消毒液で,拭き取り消毒を行ってください。
  • 鼻をかんだティッシュや使用した使い捨てマスクは,すぐにビニール袋に入れ,密封して廃棄してください。

【参考】

新型コロナウイルス感染症にかかる療養証明について

 こちらのページをご覧ください。

 

 

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする