ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小学生が快挙!珠算と暗算で10段合格(府中町立府中中央小学校)

 府中町立府中中央小学校6年生の西山 叶望(にしやま かの)さんが,全国珠算教育連盟の検定試験で,珠算と暗算の両部門で最高位の10段に見事合格しました。試験が現行方式となった平成13年度以降,県内で小学生が達成したのは初めての快挙です。
 1月29日(月),西山さんが教育長を訪問し,10段合格の報告を行うとともに,珠算の実技を披露しました。

houkoku1 houkoku2

 西山さんは,
「普段は1日に家で30分,そろばん教室で2~3時間の練習を毎日しています。」
「1年生の時に近所のそろばん教室に体験で行った時に,上級生がすごいスピードでそろばんを弾いていたのが恰好良くて,自分も練習してあんな風になりたいと憧れて始めました。」
「今後は,全国で戦えるような選手になりたいです。」
と,そろばんを始めたきっかけや今後の抱負について報告し,その後,実際の珠算の技を披露しました。

 

 

 

 

 

jitugi1 jitugi2


 教育長は,
「10段合格おめでとうございます。小学生で10段はすごいです。」
「すごい集中力ですね。電卓でもこんなに早くは打てないです。両手を使ってそろばんを弾くのですね。」
「暗算の時には,頭の中にそろばんを置いて計算すると聞きますが,全く想像できないです。」
と,西山さんのスピードに驚くとともに,10段合格を称えました。
 続けて教育長から,
「これからもしっかり勉強して,夢が叶うように頑張ってください。」
と,エールを送り,「夢は叶う」と自筆した色紙を手渡しました。

kinen

 ⇒府中町立府中中央小学校ホームページ

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする