ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

10月30日(火)に,菅田委員が尾道特別支援学校を訪問しました

 10月30日(火)に,菅田委員が尾道特別支援学校を訪問しました。

 尾道特別支援学校は, 「自主・自立・創造」を校訓に掲げ,尾道市内を中心に,特別支援教育の推進を担う学校です。
 平成29年度から,「学びの変革」ICT活用推進プロジェクトのモデル校として,ICTを効果的に活用した授業づくりを行っています。
 この日は,タブレットを活用した授業を見学した後,学校の概要の説明を受け,意見交換を行いました。

301030onomichitokushi

 菅田委員は,
「ICTを授業に取り入れるのがとても上手だと感じました。子供たちも授業に集中している姿が印象的でした。社会に出ても役立つ内容の授業が多いのはとてもいいことですね。」
と感想を述べました。
学校からの概要説明では,ICT活用モデル事業の他に,企業・施設の方や卒業生から就労の取組を在校生に説明をしてもらう「ようこそ先輩」という報告会や,尾道市内の中学校の特別支援学級等の生徒と,尾道特別支援学校中学部の生徒が作業学習の充実を図るために清掃及び接客の作業を学ぶための検定,「おのみち『作業検定』」について説明がありました。                                           

 ⇒尾道特別支援学校ホームページ

 ⇒くりっぷ第68号(おのみち「作業検定」の紹介記事)

◆教育委員学校等訪問一覧に戻る 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする