ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和4年度広島県立併設型中学校・高等学校入学者選抜の基本方針

令和4年度広島県立併設型中学校・高等学校入学者選抜の基本方針 (PDFファイル)(144KB)

Basic Policy on the Selection of Students for the 2022 Academic Year of Hiroshima Prefectural Integrated Junior and Senior High Schools.(Hiroshima Global Academy) (PDFファイル)(69KB)

 入学者の選抜は,次により併設型中高一貫教育の特色に配慮して行うものとする。

第1 併設型中学校

 併設型中学校の入学者選抜は,次により当該学校に対する意欲・適性等を判断して行うものとする。

1 広島中学校及び三次中学校 

(1)選抜の方法

ア 適性検査

(ア)次により,小学校教育において身に付けた総合的な力を検査する。
a 適性検査1 文章・資料をもとに,課題を発見し解決する過程を多様な方法で表現する。
b 適性検査2 テーマ等に基づき,思ったことや考えたこと等を文章で表現する。
(イ)実施時間は,中学校長が決定する。

イ 志望理由書 

ウ 調査書

(ア)調査書中の学習の記録の評定については,国語,社会,算数,理科,音楽,図画工作,家庭,体育及び外国語のそれぞれの教科について5・6年生時のものを指導要録に従って3段階で評定する。
(イ)調査書中の学習の記録の観点別学習状況,総合的な学習の時間の記録,特別活動の記録及び他の記載事項については,選抜の資料として活用する。 

(2)合格者の決定

 上記(1)の結果を総合的に判断して決定する。

(3)帰国児童等の特別入学に関する選抜

 適性検査及び面接の結果並びに出願書類を総合的に判断して選抜する。

2 広島叡智学園中学校

(1)選抜の方法

ア 第1次選抜

(ア)適性検査
a 次により,小学校教育において身に付けた総合的な力を検査する。
(a) 適性検査A 資料から情報を読み取り,条件等に従って筋道を立てて考え,推論する。
(b) 適性検査B 資料を多面的に解釈し,経験や知識と結び付けて発想・考察する。
b 実施時間は,中学校長が決定する。
(イ)面接
(ウ)志望理由書及び自己紹介書
(エ)調査書
a 調査書中の学習の記録の評定については,国語,社会,算数,理科,音楽,図画工作,家庭,体育及び外国語のそれぞれの教科について5・6年生時のものを指導要録に従って3段階で評定する。
b 調査書中の学習の記録の観点別学習状況,総合的な学習の時間の記録,特別活動の記録及び他の記載事項については,選抜の資料として活用する。

イ 第2次選抜

 第1次選抜における通過者を対象に,2泊3日の共同生活において,次により実施する。

(ア)グループワーク
(イ)面接
(ウ)共同生活の振り返り

(2)合格者の決定

 上記(1)の結果を総合的に判断して決定する。

 

第2 併設型高等学校

 併設型高等学校の入学者選抜は,次によりその教育を受けるに足る能力・適性等を判定して行うものとする。 

1 広島高等学校及び三次高等学校 

 広島高等学校及び三次高等学校の入学者選抜は,広島県立高等学校入学者選抜の選抜(I)と同一時期に,次により実施する。

(1)選抜の方法

ア 自校作成問題による学力検査

(ア)検査問題は,県教育委員会と協議の上,高等学校長が作成する。
(イ)検査問題は,平成29年文部科学省告示の中学校学習指導要領に準拠した内容とする。
(ウ)実施教科は,国語,数学及び外国語(英語)とする。
(エ)実施時間は,高等学校長が決定する。 

イ 志望理由書 

ウ 調査書

(ア)調査書中の学習の記録の評定については,国語,数学,音楽,美術,保健体育,技術・家庭及び外国語のそれぞれの教科について指導要録に従って5段階で評定する。
(イ)社会及び理科については,それぞれ指導要録に従って5段階で評定した評点を2倍する。
(ウ)調査書中の学習の記録の観点別学習状況,特別活動の記録,総合的な学習の時間の記録及び他の記載事項については,選抜の資料として活用する。

(2)合格者の決定

 上記(1)の結果を総合的に判断して決定する。

(3)帰国生徒及び外国人生徒等の特別入学に関する選抜

 自校作成問題による学力検査及び面接の結果並びに出願書類を総合的に判断して選抜する。併設型高等学校の入学者選抜と同一時期に行う。

2 広島叡智学園高等学校

(1)海外等連携協定に基づく入学者選抜

 広島県教育委員会と連携協定を締結する海外等の関係機関の推薦を受けた者に対し,次により実施する。

ア 選抜の方法

(ア)推薦書及び志望理由書
(イ)成績証明書
(ウ)英語に関する語学力の証明書
(エ)数学及び理科に関するレポート
(オ)面接
 出願書類に基づき,面接を実施する。

イ 合格者の決定

 上記アの結果を総合的に判断して決定する。

 

(2)外国人等生徒を対象にした入学者選抜

 外国人等生徒に対し,次により実施する。

ア 選抜の方法

(ア) 第1次選抜

a  志望理由書
b  成績証明書
c  英語に関する語学力の証明書
d  数学及び理科に関するレポート

(イ)第2次選抜

 第1次選抜における通過者を対象に,次により実施する。

a 面接
   出願書類に基づき,面接を実施する。
b 口頭試問
    数学及び理科に関するレポートに基づき,口頭試問を実施する。

イ 合格者の決定

 上記アの結果を総合的に判断して決定する。

第3 その他

 入学者選抜の結果に係る簡易開示については,別に定めるところによる。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする