このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

第5期「ひろしま『ひと・夢』未来塾」のはじめの一歩コース第1回講座(令和元年9月1日)を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2019年9月9日

シンボルマーク
「ひろしま『ひと・夢』未来塾」はじめの一歩コースの第1回講座を開催しました。
会場は,広島大学東千田キャンパスに隣接する施設「hitoto広島 ナレッジスクエア」1階にあるコワーキングスペースの「いいオフィス広島」(広島市中区東千田町)です。
中山間地域で,これから地域づくり活動を始めたい方が集まりました。

会場入口

入塾式

第5期受講生やメンターの卒塾生OB・OGなど40名を超える多くの方が集まる中,入塾式を執り行いました。

塾長である湯崎知事から,受講生に対し,動画でメッセージが届けられました。

「元気で希望あふれる中山間地域づくりに,ともに頑張りましょう。」という塾長の言葉は,これから新しい一歩を踏み出す受講生にとって,大きな励みとなったようです。

知事メッセージ

講師紹介

尾野

エコカレッジ代表 尾野 寛明(おの ひろあき)さん

学生時代に起業を志し,2001年に東京でネット古書店を創業されました。2006年には,本社を島根県邑智郡川本町の書店跡地に移転して,古書店を経営されています。現在は,この古書店の傍ら,全国各地で地域づくりの「実践塾」を運営し,様々な人材育成講座をコーディネートされています。

はじめの一歩コースの概要説明 

講師の尾野さんから,次のとおり概要説明がありました。

「ゆるい」つながりから始めるという説明を聞いた受講生は,自分にも何かができそうだという自信が持てたようです。

  • 時代の変化

これまでは,皆が1つの目標に向かっていた時代であったが,今は,経済・福祉・子育てなど,多くの問題が発生し,個人が何かをする時代に変わった。

また,個人が空き時間を利用して,何かをすることができる時代にもなった。

  • 「ゆるい」つながり

空き時間で気軽に携われる「ゆるい」つながりで集合体をつくり,無理しない地域づくりを行う。

そして,このつながりを広げていく。

  • 優れたリーダーの発掘

「ゆるい」つながりの中で,多くの人と知り合えば,多くの情報を得ることができる。近くの異業種・遠くの同業種を知ると,人は伸びる。自分が持っている何かに,少しだけ,他の人のものを加えると,自然と優れたものができ,そして,リーダーが生まれてくる。

尾野さんの講義ゆるいつながり 尾野さんの講義リーダー発掘 

ワーク(自分を知る・言語化する)

「ゆるい」つながりから,多くの情報を得ることができるということを学ぶため,受講生が3~4人のグループに分かれ,次の3つのテーマについて,一人2分程度の限られた時間で,発表し合いました。

・自己紹介

・私の人生の三大ニュース

・興味があること,放っておけないこと

普段,自分自身のことを話す機会がないため,戸惑っている方もおられましたが,話し出すと時間が足らないようでした。また,人の話を聞くという練習にもなったようです。

最後に,講師の尾野さんから,マイプランができるまでの仕組みについて,説明がありました。

「毎回,話をすることで,半年経過する頃には,マイプランができます。そして,自分が何をしたいのか,人に伝えられる内容となります。」

この言葉に,受講生は,地域づくり活動への意欲が湧いてきたようです。

「ゆるい」つながりから,どのようなプランが出来上がるか,今後が楽しみです。

ワーク全体 ワーク詳細個人

ワークサポート ワーク終了

その他

講座概要については,次のパンフレットをご覧ください。

令和元年度「ひろしま『ひと・夢』未来塾」パンフレット (PDFファイル)(3.28MB)

 

最新情報はfacebookからもご覧いただけます。
「いいね!」を押して,未来塾の公式facebookページをフォローしよう!

リンクfacebookページへのリンク 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする