このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

第5期「ひろしま『ひと・夢』未来塾」のはじめの一歩コース第4回講座(令和元年11月8日・11月17日)を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2019年12月3日

シンボルマーク
「ひろしま『ひと・夢』未来塾」はじめの一歩コースの第4回講座を開催しました。
11月8日(金)は「ハチドリ舎(広島市中区土橋町)」,11月17日(日)は「ばあちゃん食堂(三原市鷺浦町)で行いました。

今回は,地域づくり実践者からの事例紹介とグループワークを行いました。

講師紹介

尾野

エコカレッジ代表 尾野 寛明(おの ひろあき)さん

学生時代に起業を志し,2001年に東京でネット古書店を創業されました。2006年には,本社を島根県邑智郡川本町の書店跡地に移転して,古書店を経営されています。現在は,この古書店の傍ら,全国各地で地域づくりの「実践塾」を運営し,様々な人材育成講座をコーディネートされています。

平日昼コース(11月8日開催)

会場は,平和公園近くの『social book cafe ハチドリ舎』です。

受講生15名程度と広島修道大学の実習生5名が集まりました。

ハチドリ舎

地域づくり実践者による事例紹介

第2期(2016年度)卒塾生の鈴木さんから,未来塾において作成された「マイプラン」の内容などをお聞きしました。

鈴木さんは,現在,東広島市議会議員として活躍されておられます。

鈴木さんの説明

ワーク:「やってみた」を共有してみる

受講生が,一人ずつ,次のテーマについて発表しました。

  • ちょっとだけやってみる宣言
  • やってみたレポート

第3回講座までに,取り組んでみたいことやビジョン・ミッションなどを考えました。

今回は,各自が少し実践に近づくために,「ちょっとだけやってみる宣言」を行い,「やってみたレポート」を発表しました。

まだ,宣言までしかできなかった人もいましたが,他の受講生の「やってみたレポート」の話を聞くと,自分もやってみようという気になったようです。

また,広島修道大学の実習生は,今回で実習が終了しますが,この体験を今後の学習に活かしてもらいたいと思います。

グループワーク A  学習 拡大 

週末昼コース(11月17日開催)

会場は,三原港からフェリーで15分程度で行ける小佐木島の『ばあちゃん食堂』です。

受講生15名程度が集まりました。

ばあちゃん食堂

地域づくり実践者による事例紹介

第3期(2017年度)卒塾生の牧内さんと伊達さんから,未来塾において作成された「マイプラン」の内容などをお聞きしました。

牧内さんと伊達さんは,現在,大崎上島町の地域おこし協力隊員として活躍されておられます。

メンターの牧内さん メンターの伊達さん

ワーク:「やってみた」を共有してみる

平日昼コースと同じように,受講生が,一人ずつ,次のテーマについて発表しました。

  • ちょっとだけやってみる宣言
  • やってみたレポート

各自が,できる範囲でやってみたことを発表していましたが,やり方など,まだまだ考えることが多いと実感しているようでした。

今回も,他の受講生から,感想やアイデアをもらって,更にマイプランのブラッシュアップを行ってもらいたいものです。

次回は,「伝え方」の工夫について学習します。

ワークの風景 講師説明

その他

講座概要については,次のパンフレットをご覧ください。

令和元年度「ひろしま『ひと・夢』未来塾」パンフレット (PDFファイル)(3.28MB)

最新情報はfacebookからもご覧いただけます。
「いいね!」を押して,未来塾の公式facebookページをフォローしよう!

リンクfacebookページへのリンク 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする