このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

第5期「ひろしま『ひと・夢』未来塾」の起業準備コース 取材レポート【第2弾】 「ジビエは美味しいよ」

印刷用ページを表示する掲載日2020年2月17日

シンボルマーク
「ひろしま『ひと・夢』未来塾」起業準備コースのメイン講師が,卒塾生を訪ね,活動を始めた経緯や集客方法などについて,取材しました。

起業を考えている方だけでなく,これから活動を始める方にも大変参考となる内容となっています。

ぜひ,一度,ご覧ください。

 

インタビュアー紹介

川本

ブランドプロデュースラボ代表 川本 真督(かわもと まさよし)さん

2012年に東京で広告業を起業後、ふるさとである広島県廿日市市の役に立ちたいという想いから、2016年にUターンを決意されました。2017年には、地域ブランドの廿恋酒をリリースするなど、これまで様々なプロジェクトを成功させておられます。この経験を活かし、現在は、東京・広島・岡山を中心に、経営コンサルタント・広告プロデューサーとして活躍されています。

第5期ひろしま「ひと・夢」未来塾 起業準備コースでは,メイン講師を務められ,また,「ひろしま里山・チーム500」のメンバーでもあることから,チーム500メンバーに呼びかけ,令和2年2月にそごう広島店で,「さとやまマルシェ」(ブランドプロデュースラボ主催)を開催されます。

 

第1期卒塾生 片岡 誠(かたおか まこと)さん【活動地域:三次市】

片岡さんは,平成27年度に開講した第1期「ひろしま『ひと・夢』未来塾」の卒塾生で,ジビエを中心に様々な事業を展開されています。

有害鳥獣である「鹿」は,食肉として3割しか使用できず,残り7割は廃棄されていました。そこで,廃棄していた部分にも「価値があるはず」と思い,試行錯誤した結果,ペットフードにたどり着きました。

今回は,ジビエの事業を始めた経緯,テストマーケティングの重要性,今後のビジョンなどを語っていただけました。

ジビエ事業を始めた経緯

片岡さんの画像 第1回

〈画像をクリックしてください。〉

  • 物産館みわ375について
  • ジビエを始めた経緯
  • 事業を始めてみて
  • ジビエをペットフードに活用
  • 多角的な視点をもつコツ

事業計画とテストマーケティング

片岡さんの画像 第2回

〈画像をクリックしてください。〉

  • 事業開始当初の計画
  • 処理場を作り運営していく
  • プロモーション活動
  • テストマーケティングの重要性

わんこのジビエと今後のビジョン

片岡さんの画像 第3回

〈画像をクリックしてください。〉

  • 商品パッケージデザイン
  • ペットフードに着目するきっかけ
  • 品質管理について
  • 商品を選んでもらうために
  • 今後のビジョン

 

次回は,安芸太田町の友松さんが登場!

友松さんは,安芸太田町で,棚田カフェ「イニ ミニ マニモ」を開業されました。

 

その他

  • 講座概要については、次のパンフレットをご覧ください。

令和元年度「ひろしま『ひと・夢』未来塾」パンフレット (PDFファイル)(3.28MB)

最新情報はfacebookからもご覧いただけます。
「いいね!」を押して、未来塾の公式facebookページをフォローしよう!

リンクfacebookページへのリンク

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする