このページの本文へ
ページの先頭です。

ひろしまブランド未来会議

ひろしまブランド未来会議の写真

ひろしまブランド未来会議って?

令和3年4月26日、イノベーション・ハブ・ひろしまCampsで、県内各エリアの様々な分野で地域の活性化に向けて活躍されている19名の皆さまをお招きし、ひろしまブランドの現状を認識するために、「わたしだけが察知したブランド化する瞬間」をテーマとして、ひろしまの価値づくりを牽引されている皆さまと「広島の魅力は何なのか、広島がどう見られることで価値が高まるのか」などひろしまの未来を語る場として、『ひろしまブランド未来会議』を開催しました。

ひろしまブランドの目的

広島県では、県民の皆さまにひろしまの魅力を共感し実感し自認し、誇り愛着を抱いていただきたいと考えています。そのための鍵となる一つが「ひろしまブランドの強化」です。

県外や海外の方にひろしまの魅力を知ってもらい、ひろしまに行きたい、ひろしまのモノを買いたいと「選ばれる街」を目指しています。そして県民の皆さまには、出産や子育て、教育、仕事、医療や災害対策など日常生活の様々な場面で広島県で暮らすことに安心と喜びを感じていただき、ずっと「暮らし続けたい街」と思ってもらいたいと考えています。

ディスカッション風景 キーワード確認

意見交換 机上メモ

参加者の意見に「ひろしまの価値」のヒントが

会議と言っても,堅苦しいものではなく、カフェのようにオープンで自由に語り合うことができるワールドカフェ方式で、参加者の皆さんがこれまで経験されたこと、考えているコトを自由に語り合っていただきました。
そして、その場で感じたことをキーワードとして表現していただきました。そのキーワードには、「ひろしまの価値」のヒントとなる貴重な御意見をいただきました。

参加者の皆さんからいただいたご意見

  • ひろしまには自慢できるものがたくさんあるからこそ、その中から選んで発信することが大事。
  • 様々な立場の人が集まり、つながっていくことが重要でるため、そういう議論や活動に参加しやすい環境を創ること。
  • 多様性を尊重しながらも、その中で価値観に共感し、共有すること。

「このメンバーとなら、ひろしまから何か作り出せるかもしれない」と、ひろしまブランド未来会議がきっかけとなった参加者同士の音声配信も始まっています。詳しくはこちらからご覧いただけます。

今後も皆さまと意見交換を

「ひろしまブランド」は行政だけで作っていくことができるものではありません県民の皆さま一人ひとりが日々の生活の中で広島の良さを認識し、それを外に向けて語り広げていくことが「選ばれる街」へとつながっていくのかもしれません。

県外から見ると魅力的でも、住んでいると当たり前になってしまうことも多いと思います。広島県では、ひろしまブランド未来会議をはじめ、様々な皆さまと意見交換をしながら、県民の皆さまに地元に愛着や誇りを高め広島に暮らし続けることに喜びを感じていただけるよう、引き続き取り組んでいきます。

当日参加した皆様

今回ご紹介した「ひろしまブランド未来会議」の様子は「ひろしま県民テレビ」でご紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

広島県は「ひろしまブランドの強化」に取り組んでいます!

10年後のひろしまのために、鍵となるのは「ブランド力の強化」

広島県では、令和2年10月に策定した2021年~2030年の10年計画の新たな総合計画「安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン」に沿って県政を進めており、このビジョンの目指す姿である「安心」「誇り」「挑戦」の実現に向けて、県が進めていく全ての施策を貫く3つの視点があります。

安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン

すべての施策を貫く3つの視点

  • DXの推進
  • ひろしまブランドの強化
  • 人材育成

広島県では、県民の皆さまにひろしまの魅力を共感し実感し自認し、誇り愛着を抱いていただきたいと考えています。そのための鍵となる一つが「ひろしまブランドの強化」です。

県外や海外の方に広島の魅力を知ってもらい、広島に行きたい、広島のモノを買いたいと「選ばれる街」を目指しています。そして県民の皆さまには、出産や子育て、教育、仕事、医療や災害対策など日常生活の様々な場面で広島県で暮らすことに安心と喜びを感じていただき、ずっと「暮らし続けたい街」と思ってもらいたいと考えています。

安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョンはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか?