このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルスワクチン接種の概要

印刷用ページを表示する掲載日2022年11月18日

ワクチン接種の概要

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果としてコロナウイルス感染症の蔓延の防止を図ることを目的としています。

使用するワクチンの種類

 

現在、広島県内で接種できるワクチンの種類は、ファイザー社製ワクチン、モデルナ社製ワクチン、武田社製ワクチン(ノババックス)です。
アストラゼネカ社の新型コロナワクチンは、令和4年9月30日をもって国内における接種が終了となりました。

ワクチンの種類と接種対象者

各ワクチンの接種対象確認フローチャート

乳幼児(生後6か月~4歳)への接種について
小児(5~11歳)への接種について

アストラゼネカ社製ワクチンの詳細については厚生労働省のホームページをご確認ください。

接種の手続き

次のような手順で接種を受けることになります。

  1. 市町から追加接種用の「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きます。※1
  2. 市町のホームページコロナワクチンナビ等で、接種を受けることができる医療機関や接種会場を確認して、電話やインターネットから予約してください。
  3. 接種を受ける際には、市町より郵送される「封筒の中身一式」(※2)と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。「健康保険証」、「お薬手帳」、「母子健康手帳(11歳以下の接種のみ)」をお持ちの方は、あわせてご持参ください。
※1 前回の接種後に市町を越えて住民票所在地を変更した場合は、接種券が届かない場合があります。まずは、ご自身が接種対象かどうか確認していただき、接種対象であるのに接種券が届かない場合は、現在住民票がある市町へお問合せください。
※2 封筒には、「接種券が印字された予診票」と「予防接種済証」の用紙が同封されています。 どちらも忘れずにお持ちください。「接種券」と「予防接種済証」がひとつにまとまっているものもあります。

接種費用

新型コロナウイルスワクチン接種は、無料です。

 

問い合わせ先

新型コロナウイルスワクチン接種の不安や疑問など、お気軽にご相談ください。コールセンターは、全日24時間受け付けています。

広島県新型コロナウイルスワクチン接種相談窓口(コールセンター)
電話番号082-513-2847
対応言語:日本語、英語、中国語、ベトナム語、タガログ語、韓国語、ポルトガル語

聴覚に障害のある方や、失語症の方、音声機能障害の方など、電話での相談が難しい方に対して、Faxまたはメールによる相談を受け付けています。(Fax番号:082-211-3006)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする