ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

転職経験者インタビュー 男性警察官

印刷用ページを表示する掲載日2019年4月17日

転職経験者の交番男性警察官

警察署 地域課 交番 巡査

 
―警察官に転職した経緯

私が警察官に転職した一番の理由は,人の役に立つ人生を送りたいと考えたからです。

きっかけは,前職の保育士として勤務していた3年目の頃,保護者の方に警察官がおられ,その方の影響を受けたのが始まりでした。

私はこの頃,このまま保育士として残りの人生を過ごしていくのが自分の生き方と合うのか悩んでおり,明確な将来が見えませんでした。

そのときにその警察官と話をして,警察の仕事内容を詳しく聞くと,私のイメージしていた警察官像とは違い,警察の中にも色々な仕事あって,私のような全く違う職種を仕事にしてきた人でも経験を活かせる場があることを教えていただきました。

このことがきっかけで警察官に転職することを決めました。


地理案内をする警察官

―警察官になったとき,またなってから年齢が不利になること

一緒に受ける受験者とは年齢が10歳以上も離れており,採用試験に落ちる度に,年齢の差が開いていくことに不安を感じていました。

採用されてからも,年下や同年代の先輩が要領よく仕事をする姿を見て,焦りと不安は感じていました。

でも今では,この不安は当然と考え,環境に慣れすぎることなく,年齢を重ねて入ったことは二の次で,新人という立場で,失敗を恐れずに積極的に働きたいと思います。


―前職の経験が役に立ったこと

前職は,子どもやお年寄りと接することが多かったので,巡回連絡や地域住民との会話などの市民応接に役立っています。

私のような,まったく違う前職でも,社会人経験と警察官の業務には何かしら通ずるものがあるので,前職のキャリアを活かし,幅広い視野で取り組んでいけると思います。

 

―転職してよかったと実感すること

よかったことは,感謝される場面が増えたことです。

交番勤務では,遺失物の返還や,地理案内,パトロールなどをした際に「ありがとう」と言われることが多く,直接的に人の役に立っていると実感できます。

対応する事案に同じものはなく,常に現場で考えることが求められます。それは同時に毎当番の仕事が新鮮に感じられることを意味していると思います。

また,私生活においてもよかったと実感しています。前職は土日休みではあったものの,平日は夜遅く帰宅することが当たり前だったので,子供たちが起きている姿をあまり見ることができませんでしたが,3交代勤務だと,平日も子育てや家事ができるようになったので,家族と接する時間が増えました。


バイクで出発する前の警察官

経歴
平成21年4月 保育士として勤務
平成25年3月 退社
平成25年4月 リース会社 配管工・配送など
平成29年3月 退社
平成29年4月 拝命
平成30年1月 現職

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする