ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

警察署 会計課 主事

印刷用ページを表示する掲載日2019年4月17日

窓口で対応する職員

警察署会計課 遺失物係 主事

電話対応する職員
 
―警察事務職員になった経緯

学生の頃,ただ漠然と「公務員になりたい」と公務員試験対策をしていたときに,偶然手に取った広島県警察の採用パンフレットで警察事務員という仕事を知りました。

そのとき,「警察官をサポートして県民の安全と安心のために働く警察事務」の仕事に興味を持ち,私も警察官が働きやすい環境づくりをしてみたいと思い警察事務を志望しました。

―現在の仕事内容とやりがい

遺失物係とは,警察署に届けられた落とし物を保管し,持ち主の方に返還する仕事です。届けられた落とし物で持ち主の分かりそうな場合は,連絡依頼なども行います。

一日に大量の落とし物が届くこともあり,連絡依頼や落とし物のチェック,システムへの登録はかなり大変ですが,持ち主の方に返還できて,お礼の言葉をいただけたときは,この仕事をしていてよかったなと思います。

 
デスクで仕事をする職員

―今の職場の雰囲気

忙しい中でも和気あいあいと助け合いながら仕事をしています。

昼休憩中も窓口業務を行うので,全員が休めるように交代で仕事をしています。

また,先輩や上司の方々にアドバイスをもらったり,困ったときは一緒に考えてもらうなど,上司や先輩の方々に支えられながら仕事をしています。
「自分もこんな職員になりたいな」という目標ができる素敵な職場だと思います。

同僚と話をしている女性の事務職員

―これからの夢,目標

今は,仕事を早く覚えてミス無く仕事を行えるようになるのが目標です。

また,先輩や上司の方々の様に現場で働く警察官の警察活動のサポートができるようになりたいと思っています。警察事務職員として警察活動を側面からサポートし,みんなに頼られるような職員になりたいです。

ある1日のスケジュール
8:30 始業
夜間に受付した落とし物の処理・窓口業務
12:00 昼食
13:00 窓口業務・落とし主への連絡・事業者に対する対応・協議
17:00 当直担当者への引継ぎ
17:15 終業
18:00 友人と食事など


落し物の窓口で笑顔で対応する職員

経歴
平成30年4月 拝命 警察署 会計課 会計係
 〃 現職

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする