ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

総務警察 情報管理課 巡査長

印刷用ページを表示する掲載日2019年4月17日

会議をする警察官

総務部情報管理課 開発係 巡査長

パソコンに向かう警察官
 
―警察官になった経緯

警察官を目指したのは,子供の頃,パトカーに乗って悪を退治する警察官に憧れ,自分もそうなりたいと思ったからです。

大学を卒業後,民間企業に就職しましたが,警察官になる夢を諦めきれず,転職して26歳で警察官になりました。

―現在の仕事内容とやりがい

広島県警察でシステムを導入する際には,広島県との協議が必要です。

そこで,私はシステムの導入等を予定している所属に対し,導入に必要な仕様書などの作成支援や広島県との協議のサポートを行っています。

時には所属と業者の間に入り,仕様等について話をすることもあり,その結果,より経費を削減できるなどの効果に繋がったときや,県民の体感治安向上に繋がるようなシステムが導入されたとき,この仕事のやりがいを感じます。

 
同僚と話をする開発係の警察官
―今の職場の雰囲気

他部署の方との打合わせや書類確認が多い業務ですが,上司・同僚共によく声を掛け合う環境のため,相談ごとや失敗した際の報告なども言いやすい職場です。

また,情報管理課は,県警全体のインフラ整備や県内の事件・事故などの情報を管理する仕組みを構築する業務も担っているため,平素から情報漏洩などを防ぐ対策や障害発生時の対応について積極的に訓練を行うなど,活気があります。

パソコン

―これからの夢,目標

事件・事故に巻き込まれ,悲しむ人を少しでも少なくすることが夢です。

事件・事故に対応することはもちろんですが,それらを発生させない環境を作ることも大切で,警察活動を通じてそれらに取り組んで行きたいと思っています。

現在の業務は,直接県民の方と関わることは少ないですが,現場で活動する警察官をサポートできるようなシステムの整備構築に力を入れ,その結果として県民の方の体感治安向上に繋がることを目標としています。

 

ある1日のスケジュール
8:30 始業
システムの調達に関する書類の確認
11:00 システム構成について打ち合わせ
12:00 昼食
13:00 広島県とシステム調達について協議
17:30 終業
19:00 帰宅・育児参加(2児の父親)
☆ 就寝前に子供部屋にあるミニジャングルジムで子供たちの鉄棒練習の補助が日課です!休日は,家族で夏には海や川,冬にはスキー場へ行くなど,一緒に過ごす時間を大切にしています。


開発係の警察官の顔

経歴
平成21年10月 拝命
平成22年4月 警察署 地域課 交番
 〃 交通第一課
 〃 交通機動捜査隊
 〃 交通総務課 
平成26年4月 現職

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする