ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

警察事務職員 指紋資料係 係長

印刷用ページを表示する掲載日2019年4月17日

指紋を照合する職員

刑事部鑑識課 指紋資料係 係長

指紋を照合している職員の手元
 
 
―警察事務職員になった経緯

学生時代,なりたい職業が見つからず自分の将来に悩んでいました。卒業が迫ってきたころ,自分が興味にあることは何だろうと考えたとき「生まれ育った広島が好き」,「広島の街をより良くしたい」,「自分の力を大きな場所で試してみたい」と思い,広島県警察職員を目指すこととしました。

―現在の仕事内容とやりがい

鑑識課指紋資料係は,警察官が採取した指紋等と,警察組織が保管している資料とを対照して鑑定することや,各種資料の整理・保管を行っています。この仕事は犯罪解決の一翼を担っており,数多くの指紋資料の中から,被疑者等を割り出した時は,非常にやりがいを感じます。

指紋の照合をする職員の横顔
 
―今の職場の雰囲気

鑑識の業務は特殊なため,その技術を習得するには,一朝一夕とは行きません。そのため,鑑識課員は何十年も鑑識業務へ就いている職員が多くいます。職人気質で高い技術を持った職員が多く,幅が広く奥深い知識を持っている方ばかりです。中には,全国の警察職員に対して,技術を教える職員もいます。仕事には厳しいですが,普段は優しい人ばかりです。困ったときは,何でも相談に乗ってもらえます。終業後は,広島県民の宝物である広島東洋カープの話をし,一喜一憂しています。

指紋を見るために使用するレンズ

―これからの夢,目標

上司や部下に信頼され,広島のみなさまに頼りにされる警察職員になりたいと思っています。そのためには,自らの業務はもちろんのこと他の警察業務にも,精通しなければなりません。また,警察内部だけでなく,県民の方の目線に立ち,世の中のしくみや思考に敏感になるなどのバランス感覚を持った職員となり,最大限,大好きな広島県のために働いていこうと思っています。

ある1日のスケジュール
8:30 始業・指紋鑑定資料の確認
9:00 幹部と打ち合わせ
10:30 指紋資料の整理
12:00 昼食
13:00 指紋資料の鑑定
16:00 各種書類作成
17:15 終業
20:00 帰宅,筋トレや読書(家事・育児の合間で)

カメラの方向を向いている職員

経歴
平成9年4月 拝命 刑事部鑑識課 指紋資料係
平成10年8月 情報管理課 照会係
平成14年4月 警察署 会計課
平成16年4月 総務部情報管理課 管理係
平成22年4月 交通部運転教育課 自動車教習所係・講習係
平成23年4月 主任に昇任
平成24年9月 総務部情報管理課 管理係
平成30年4月 係長に昇任 現職

 

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする