ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

警察事務職員 航空整備士 主事

印刷用ページを表示する掲載日2019年4月17日

-整備をする職員

地域部地域課 航空隊 航空整備係 主事

整備をする職員の顔
 
―航空整備士になった経緯

進路を決めるとき,県民の安全を守る警察官の仕事と,機械を見たり触ることができる整備士の仕事で迷っていました。その時に,自分の夢を二つ同時に叶えてくれる航空隊の整備士の仕事を知って「これだ!」と思い目指しました。

―現在の仕事内容とやりがい

広島県警察には現在2機のヘリコプターがあり,基本的に,私はこれらの日常の点検整備を行っています。その他に,パイロットと一緒に同乗して,警ら,捜査支援,捜索救難,警備活動,大規模災害時の応援などを行っています。

整備士とはいえ警察でないと出来ない捜索や救助,警護活動などの仕事に携われて,無事任務を終了したときはとても達成感を感じます。

整備をする警察官の表情
―今の職場の雰囲気

ヘリコプターは,軽微な不具合でも大事故に繋がってしまう危険性があり,私が不具合を見逃すと,パイロットの生命はもちろんのこと,県民の生命や財産を奪ってしまうことになります。

だからこそ,先輩方から厳しく注意を受けることもありますが,県民の生命,仲間の生命を守る重要な仕事と理解できるのでとても感謝しています。

整備をする職員の横顔

―これからの夢,目標

今まで先輩方が積み上げてきた「航空機無事故」という歴史を引き継ぎ,さらに犯罪予防や捜索,救助などの業務に対し1秒でも早く対応できるように日々努力したいです。

県民の皆様の期待していることを常日頃から考え,これからも仕事をしていきたいです。

ある1日のスケジュール
8:30 始業・ミーティング
9:00 飛行前点検
10:00 機材点検・書類作成
12:00 昼食
13:00 ヘリコプターによる警ら活動
16:30 飛行後点検
17:15 終業
18:00 帰宅・育児(2児のパパ)

運転する職員

経歴
平成23年3月 航空専門学校(航空整備科 ヘリコプタータービン専攻)卒業
平成23年4月 民間航空株式会社 入社
平成28年3月 民間航空株式会社 退社
平成28年4月 拝命 現職

 

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする