ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年中の交通死亡事故分析(令和2年1月更新)

印刷用ページを表示する掲載日2020年1月30日

 令和元年中の広島県内における交通事故死者数は75人で,統計が残る昭和23年以降最も少ない死者数となり,年間の交通事故死者数75人以下を目標とする「アンダー75作戦」を1年前倒しで達成しました。

 しかし,今なお多くの尊い命が交通事故で失われていることに変わりありません。

 悲惨な交通事故を1件でも少なくするために,車両の運転者,歩行者がそれぞれの立場で事故防止に配意し,思いやりを持って行動しましょう。

 

交通事故分析資料のダウンロードはこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする