このページの本文へ
ページの先頭です。

地球温暖化対策の推進体制について

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月27日

地球温暖化対策の推進体制について

 温暖化対策を着実に進めていくためには,県民,事業者,各種団体,行政等の各主体がそれぞれの立場で責任と役割を果たしながら,連携・協働による取組を進めていくことが必要です。
 県は,あらゆる主体と連携・協働し,地球温暖化対策に取り組んでいます。

地球温暖化対策の推進体制

地球温暖化防止活動の推進に関わる組織等について

広島県地球温暖化防止活動推進センター(脱温暖化センターひろしま)

 平成12(2000)年4月に,地球温暖化対策の推進に関する法律(地球温暖化対策推進法)に基づく地域地球温暖化防止活動推進センターとして,「広島県地球温暖化防止活動推進センター」(脱温暖化センターひろしま)を指定し,財団法人(現・一般財団法人)広島県環境保健協会内に設置されました。同センターにより温暖化対策に関する啓発・広報活動,地域の温暖化防止活動の相談・支援活動などが進められています。

地球温暖化対策地域協議会

 地球温暖化対策地域協議会は,日常生活に関する温室効果ガスの排出の抑制等に関し必要となるべき措置について協議するため,地球温暖化対策推進法に基づき設立できる組織です。
 県は,組織の新規設立等について,脱温暖化センターひろしまを通じて支援しています。

地球温暖化防止活動推進員

 地球温暖化防止活動推進員は,地域における地球温暖化の現状及び地球温暖化対策に関する知識の普及並びに地球温暖化対策の推進を図るための活動の推進に熱意と識見を有する方々を地球温暖化対策推進法に基づき県知事から委嘱し,地球温暖化防止活動の地域リーダーとして,各地で活躍しています。
 脱温暖化センターひろしまにより,養成研修やフォローアップ研修の実施、連携づくりが行われています。

地球環境のトップページへ

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする