このページの本文へ
ページの先頭です。

容器包装リサイクル法

印刷用ページを表示する掲載日2022年8月22日
  1. 一般廃棄物全体に占める容器包装廃棄物の割合
  2. 容器包装リサイクル法の対象となる容器包装廃棄物
  3. 容器包装リサイクル法における再商品化の仕組み
  4. 容器包装廃棄物のリサイクルの流れ
  5. 各市町のリサイクルの状況を検索
    (公益財団法人日本容器包装リサイクル協会にリンクしています。)

2 広島県分別収集促進計画

  

 

  平成
28年度
平成
29年度

平成
30年度

令和
元年度
令和
2年度
令和
3年度

無色ガラス

5,794トン 5,701トン

5,378トン

5,035トン 5,195トン 4,489トン

茶色ガラス

5,784トン 5,517トン

5,172トン

5,044トン 4,944トン 4,518トン

その他のガラス

2,372トン 2,332トン

2,317トン

2,266トン 2,215トン 2,212トン

その他の紙

0トン 0トン

0トン

0トン 20トン 0トン

ペットボトル

4,542トン 4,705トン

4,967トン

4,896トン 5,054トン 5,236トン

その他のプラスチック

23,929トン 23,349トン

22,437トン

22,183トン 22,700トン 22,452トン
 

うち白色トレイ

8トン  6トン

6トン

4トン 4トン 6トン

スチール

3,124トン 3,008トン

2,971トン

3,100トン 2,876トン 2,662トン

アルミ

2,861トン 2,817トン

2,897トン

2,952トン 3,281トン 3,234トン

段ボール

7,873トン 7,754トン

8,100トン

8,689トン 11,385トン 11,668トン

紙パック

66トン 66トン

56トン

55トン 52トン 53トン

合計量

56,345トン 55,249トン

54,295トン

54,220トン 57,722トン 56,524トン
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする