ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

平成30年度海水浴場水質調査結果(開設前)について

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月20日

1 概要

  県民が快適な環境で遊泳できるよう,県内の14海水浴場について,平成30年5月に,開設前の水質調査を実施した。
  その結果は,環境省が定めた「水浴場水質判定基準」により判定すると,次のとおりであり,全ての海水浴場が遊泳可能な水質であった。

凡 例

◎ 適(水質AA),○ 適(水質A),◇ 可(水質B)

 

海水浴場

 
区分 海水浴場数(か所)
水質AA(◎) 9か所
水質A (○) 1か所
水質B (◇) 4か所
水質C 0か所
不適 0か所
合計 14か所

 

2 調査内容

  1. 調査機関:広島県,呉市,竹原市及び福山市
  2. 調査期間:平成30年5月10日~5月18日
  3. 調査対象:14海水浴場
  4. 調査方法:次のとおり
項目 COD(化学的酸素要求量),ふん便性大腸菌群数,油膜の有無,透明度
地点 代表的な地点1地点(水深が概ね1.0m~1.5m地点の表層を採水)
調査日数 2日
回数 2回/日(午前,午後各1回)

3 水質調査結果

各海水浴場の水質調査結果は,別紙のとおり

4 サメ対策の状況

各海水浴場におけるサメ対策の状況は,次のとおり。

区分 海水浴場数(か所)
サメよけネットの設置 11か所
監視員の目視による監視 3か所
14 か所

5 今後の対応

開設中の水質の状況等を調査し,公表する。

(参考)環境省が定めた「水浴場水質判定基準」

判定
区分
COD ふん便性大腸菌群数 油膜の有無 透明度


AA
2mg/L以下 不検出
(検出限界2個/100mL)
油膜が認められない 1m以上


A
2mg/L以下 100個/100mL以下 油膜が認められない 1m以上


B
5mg/L以下 400個/100mL以下 常時は油膜が認められない 1m未満
50cm以上


C
8mg/L以下 1,000個/100mL以下 常時は油膜が認められない 1m未満
50cm以上
不適 8mg/L超 1,000個/100mLを超えるもの 常時油膜が認められる 50cm未満

注) 海水浴場の水質は,測定値の平均値で判定する。

大気・水・土壌環境のトップページへ

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする