このページの本文へ
ページの先頭です。
  • トップページ
  • 県税のページ
  • 一般用の納税証明書を代理で請求される場合の,委任者欄への押印が不要になりました(令和5年2月~)

一般用の納税証明書を代理で請求される場合の,委任者欄への押印が不要になりました(令和5年2月~)

印刷用ページを表示する掲載日2023年2月24日

一般用の納税証明書を代理で請求される場合の,委任者欄への押印が不要になりました(令和5年2月~)

これまで,法人の納税証明書を代理人が交付請求する場合には,交付請求書委任者欄・委任状への押印(法人の代表者印)をお願いしていましたが,
令和5年2月から,交付請求書委任者欄・委任状への押印に代えて,請求される方(窓口に来られる方=代理人の方)に委任者との関係を記載いただく方法に見直しました。
なお,交付請求書委任者欄・委任状の委任者氏名は,個人の場合は委任者が自署,法人の場合は委任者が記名してください。
※従来どおり,押印により委任されている場合でも交付請求を受け付けます。
※見直し後の交付請求書様式は,納税証明に関する手続のページに掲載しています。
 

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ