ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ★生物多様性総合情報サイト★~広島県の生物多様性を知ろう!~ > 特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせ

特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月20日更新

 兵庫県尼崎市において,強い毒性を持つ南米原産の特定外来生物「ヒアリ」が国内で初めて確認されました(6月13日環境省発表)。また,6月16日にヒアリが付着していたコンテナが留置されていた地点周辺における緊急調査を環境省,兵庫県及び神戸市が実施したところ,当該コンテナが一時的に保管されていた神戸市ポートアイランドのコンテナヤードにおいても,「ヒアリ」の個体が確認されました。

 県内では発見されていませんが,ヒアリ定着地域からの貨物やその集積場所には同じような付着混入のリスクがあります。

 万が一,ヒアリに似たアリがいた場合は,絶対に素手で触らないようにしてください。

ヒアリについて 

原産地

南米

形態的特徴

  • 体は赤茶色の小型のアリ
  • 腹部は黒っぽい赤色
  • お尻には毒針がある
  • 大きさは2.5ミリから6.0ミリ

ヒアリの生態

  • 草地など比較的開けた環境を好みます。
  • 土で直径25センチから60センチ,高さ15から50センチのドーム状のアリ塚を作ります。
  • 雑食性で,節足動物,小型脊椎動物,樹液,花蜜などを餌とします。

懸念される影響

  • 人への影響:刺されると,アルカロイド系の強い毒による痛みやかゆみ,発熱,じんましん,激しい動悸等の症状が 引き起こされます。また,アレルギー性のショックで昏睡状態に陥ることもあり,米国ではこれまでに多くの死者が出ています。
  • 農林業への影響:牛,馬,鶏など家畜への死傷被害
  • 生態系への影響:極めて攻撃的で,節足動物のほか爬虫類,小型哺乳類をも集団で攻撃し捕食することが知られています。 

万が一刺されたら・・・

 ヒアリの毒への反応は,人によって大きく異なります。まずは安静(20~30分程度)にし,容態が急激に変化することがあれば速やかに最寄りの医療機関を受診してください。

 受診の際には,「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください。

連絡先

 ○環境省中国四国地方環境事務所 野生生物課 Tel:086-223-1561

 ○広島県環境県民局自然環境課 野生生物グループ Tel:082-513-2933

 ○各市町の外来生物担当課

 参考資料 

環境省「ヒアリ参考資料」

環境省資料「ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴,生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)」

環境省ホームページ(報道発表)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。