このページの本文へ
ページの先頭です。

労働者のみなさんへ

印刷用ページを表示する掲載日2018年7月31日
労働者のみなさんが,会社(事業主)との間で労働紛争を抱え,その解決に悩んでおられるとき,労働委員会の制度を利用して,解決を図ることができます。

労働者の皆様へのフロー図労働者個人と会社(事業主)との間で紛争が生じたときへ 労働組合と会社(事業主)との間で紛争が生じたときへ 個別労働関係紛争のあっせんへ 不当労働行為の審査へ 労働争議の調整へ 不当労働行為の審査へ

労働者個人と会社(事業主)の紛争の解決

個別労働関係紛争のあっせん

労働者の方が, 会社(事業主)との間で,

  • 解雇されたが,その理由に納得ができない
  • 会社から何の説明もなく,給料が引き下げられた
  • 上司からパワハラを受けているが,会社は何の対応もしてくれない

・・・・などのトラブルがある場合
個別労働関係紛争のあっせんを利用することができます。

労働委員会は,公正・中立な立場で,紛争の解決が図れるようあっせんを行います。
個別労働関係紛争のあっせんについては,こちらへ

あっせんの様子のイラスト

不当労働行為の審査

労働者の方は,

  • 労働組合の組合員であるという理由で解雇や配置転換をされたり,組合員とそれ以外の社員との間で,昇給,勤務評定や業務配分などに差をつけられている
  • 社長から「組合を脱退しろ」「組合はいらない」などと言われる
・・・・などの場合
会社(事業主)の行為を,不当労働行為として労働委員会に申し立てることができます。
(労働組合も一緒に申し立てることができます。)
労働組合については,こちらへ
労働委員会は,会社(事業主)の行為が不当労働行為である場合には,是正するよう命令を発します。
不当労働行為の審査については,こちらへ

その他の紛争解決手続

裁判所や労働局などにおける労働関係紛争の解決手続を紹介しています。
労働関係紛争解決手続については,こちらへ

労働相談機関など

広島県労働相談コーナーなど,労働問題について相談に応じる機関を紹介しています。
労働相談機関などについては,こちらへ

労働組合と会社(事業主)の紛争の解決

労働争議の調整

労働組合は,組合員である労働者が,

  • 解雇されたが,解雇の理由があいまいである
  • 配置転換されたが,業務上必要なものとは認められない
  • パワハラにあっているにもかかわらず,会社は何ら対応しない

・・・・などの問題について
会社(事業主)との交渉が進まない場合,あっせんなどを利用することができます。

労働委員会は,公正・中立な立場で,紛争の解決が図れるよう調整します。
労働争議の調整については,こちらへ

不当労働行為の審査

労働組合は,

  • 組合員である労働者が,組合員であるという理由で解雇や配置転換をされたり,組合員とそれ以外の社員との間で,昇給,勤務評定や業務配分などに差をつけられている
  • 社長から「組合を脱退しろ」「組合はいらない」などと言われる

・・・・などの場合
会社(事業主)の行為を,不当労働行為として労働委員会に申し立てることができます。
(労働者の方も一緒に申し立てることができます。)

労働委員会は,会社(事業主)の行為が不当労働行為である場合には,是正するよう命令を発します。
不当労働行為の審査については,こちらへ

労働相談機関など

広島県労働相談コーナーなど,労働問題について相談に応じる機関を紹介しています。
労働相談機関などについては,こちらへ

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする