ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

決算審査・健全化判断比率等審査

印刷用ページを表示する掲載日2017年9月19日

1 制度の概要

  1. 決算審査
      一般会計,特別会計及び地方公営企業会計の決算並びに基金の運用状況について,監査委員が審査し,審査意見を知事に提出する制度。
      決算は,予算の執行実績を表示するため調製される計算表であり,決算審査は,決算書等の関係諸表の計数を確認するとともに,予算の執行が合理的かつ効率的なものとなっているかなどを主眼に実施する。
  2. 健全化判断比率審査・資金不足比率審査
      決算における健全化判断比率及び資金不足比率について,監査委員が審査し,審査意見を知事に提出する制度。
      「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づき,算定手順や算定に使用した計数が正確であるかなどを主眼に審査する。

2 根拠規定

  1. 決算審査
     地方自治法第233条及び第241条,地方公営企業法第30条
  2. 健全化判断比率審査・資金不足比率審査
     地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条及び第22条

3 審査の結果

※詳細はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする