このページの本文へ
ページの先頭です。

ICTツールを活用した"新しい働き方”始めませんか

テレワークの写真

広島県内においても,ICTツールを活用したテレワーク等の時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を取り入れる企業が増えています。
業務効率化,従業員のワークライフバランス改善,従業員の離職防止にも資する,こうした働き方の導入事例や,導入に係る相談窓口・助成金等のお役立ち情報を御紹介します。
※セミナー情報も掲載しています。

 

テレワークとは

 

 

テレワークとは,「tele=離れたところで」と「work=働く」を合わせた言葉で,次の3つの働き方を指しています。


テレワークの図

 

セミナー情報

ICT活用やテレワーク等に関するセミナーを,テーマ別に,年間を通じて開催しています。

現在申込受付中のセミナーや年間スケジュールについては,こちらのページを御覧ください。

 

県内のテレワーク等の導入事例

様々な業種におけるテレワークの導入・オンライン会議の活用事例を御紹介します。

製造業の事例建設業の事例サービス業の事例

 

 

 

 

テレワークの進め方

企業によってテレワークの進め方は様々ですが,標準的な進め方の例を御紹介します。

テレワークの導入ステップ

全ての過程において,IT専門家や社会保険労務士等の専門家による無料相談が受けられます。また,助成金が活用できる場合もありますので,次の「お役立ち情報」を参考にしてください。

 

お役立ち情報

(1)相談窓口

  テレワークを進めるに当たって,困りごとを無料で相談できる窓口です。

  • テレワーク・サポートネットワーク相談窓口(総務省)
    ICT環境やセキュリティ,労務に関すること等,テレワーク導入に係る様々な御質問にお答えします。
    【ホームページ】 https://teleworksupport.go.jp/access/hiroshima.html

 

  • 広島県よろず支援拠点(中小企業庁)
    テレワークやICT環境に関わることだけでなく,他の経営課題についても併せてご相談いただけます。
    【ホームページ】  https://www.hiwave.or.jp/organization/yorozu/gaiyou/

 

(2)専門家派遣・コンサルティング

  • テレワークマネージャー相談事業(総務省)
    専門家が無料でテレワークに関するコンサルティングを実施します。訪問での御支援の場合は上限3回までですが,Webや電話での御支援の場合は回数に上限なくご利用いただけます。要登録。
    【ホームページ】 https://teleworkmanager.go.jp/

 

(3)助成金等

  • 人材確保等支援助成金(テレワークコース) (厚生労働省) 
    良質なテレワークを新規導入・実施することにより,労働者の人材確保や雇用管理改善等の観点から効果をあげた中小企業事業主が助成対象となります。
    【ホームページ】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/telework_zyosei_R3.html

 

  • サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金) (経済産業省) 
    D類型(テレワーク対応類型)では,テレワーク環境の整備に資するクラウド対応ツールを導入し,複数のプロセスの非対面化を行うことを目的とした事業を補助対象としています。
    【ホームページ】  https://www.it-hojo.jp/applicant/

 

(4)参考情報

 

  • テレワークの推進(総務省)
    テレワークセキュリティガイドライン,情報システム担当者のためのテレワーク導入手順書等について紹介しています。
    【ホームページ】https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/

 

  • テレワーク総合ポータルサイト(厚生労働省)
    テレワークの導入・運用ガイドブック,労務管理等Q&A集,テレワークモデル就業規則作成の手引き,テレワーク活用の好事例等について紹介しています。
    【ホームページ】 https://telework.mhlw.go.jp/

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)