このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年4月施行広島県浄化槽保守点検業者の登録に関する条例の改正に伴う浄化槽管理士への研修義務付けについて

印刷用ページを表示する掲載日2020年3月24日

 令和元年6月19日付けで,浄化槽法(昭和58年法律第43号)の一部が改正され,浄化槽保守点検業者の登録に関する条例に定める事項として,浄化槽管理士に対する研修の機会の確保が追加されました。
 これに伴い,広島県浄化槽保守点検業者の登録に関する条例(昭和60年広島県条例第14号)及び広島県浄化槽保守点検業者の登録に関する条例施行規則(昭和60年広島県規則第62号)の改正を行い,令和2年4月1日に施行します。

 この改正により,浄化槽保守点検業者は,令和2年4月1日以降に登録を更新する際には,次の有効期間の3年間のうちに,所属する浄化槽管理士全員に研修を受講させなければならないこととなります。
 また,次の有効期間の3年間が満了する際には,更新申請に研修受講証明書の写しを添付することとなります。

改正条例等の施行日

令和2年4月1日

条例及び規則の改正内容

(1) 改正内容
浄化槽保守点検業者は,営業所ごとに置いた浄化槽管理士に,知事が定める研修を,登録の有効期間において1回以上受けさせなければならない。

(2) 登録申請書の新たな添付書類
ア 令和2年4月1日以降
 登録の有効期間における浄化槽管理士の研修計画

イ 令和5年4月1日以降
 登録更新の場合は浄化槽管理士全員の研修受講証明書の写し

(3) 新たな添付書類の様式
 「浄化槽管理士の研修計画及び研修受講状況」  (Wordファイル)(33KB)  (PDFファイル)(116KB)
 (令和2年3月改訂「浄化槽保守点検業者登録申請等手続き案内」別紙5に該当します。)

対応スケジュール

(例)令和3年12月31日が現在の登録有効期限の場合 

1 現在の登録(有効期限:令和3年12月31日)の更新申請手続き
浄化槽管理士の研修計画を添付

2 次の登録有効期間内(3年間:令和4年4月1日~令和6年12月31日)に浄化槽管理士全員が研修受講
※平成30年度又は令和元年度に広島県及び市町が共催で実施した浄化槽維持管理業務講習会を受講した場合は,登録有効期間内に補講を受講することで,受講とみなす予定。(出席不要で,レポート提出等を予定。)

3 次の登録(有効期限:令和6年12月31日)の更新申請手続き
浄化槽管理士の研修計画及び浄化槽管理士全員の研修受講証明書の写しを添付

条例等施行後の対応スケジュール (PDFファイル)(79KB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする