このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県災害廃棄物処理計画及び市町等初動マニュアル

印刷用ページを表示する掲載日2021年6月30日

広島県災害廃棄物処理計画

大規模災害発生時において短期間に多量に発生する廃棄物を迅速・適正に処理することを目指し,広島県災害廃棄物処理計画を策定しました。
この計画は,県地域防災計画及び県廃棄物処理計画の枠組みのもとで災害廃棄物処理を実施するにあたっての基本的な考え方及び手順を,国の災害廃棄物対策指針を踏まえてとりまとめたものです。

なお,県内全市町においても災害廃棄物処理計画が策定されています。

災害廃棄物処理に係る市町等初動マニュアル

平成30年7月豪雨災害における対応を振り返り,今後の災害発生時における災害廃棄物処理を迅速かつ適正に実施するため,災害廃棄物の処理主体である市町の対応を中心とした,標準的なモデルとして,初動マニュアルを作成しました。

一次仮置場の設置運営に係る手引き

災害発生時に,各市町において速やかな一次仮置場の開設が可能となるよう,一次仮置場を設置し運営する手順を取りまとめた,「一次仮置場設置運営の手引き」を策定しました。(本手引きは,基本的に,「広島県災害廃棄物処理計画」及び「災害廃棄物処理に係る市町等初動マニュアル」のうち,仮置場に関する部分を引用しつつ,より具体的に必要となる事項について追記したものです。)

平成30年7月豪雨災害に伴い発生した災害廃棄物の処理については,こちらのページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする