このページの本文へ
ページの先頭です。

微小粒子状物質(PM2.5)の常時監視

印刷用ページを表示する掲載日2021年2月8日

おしらせ

〇平成27年2月13日 微小粒子状物質(PM2.5)などの大気の測定値の情報を公表しているホームページが「広島県大気情報ポータルサイト」として新しくなりました。
微小粒子状物質のリアルタイム1時間値(現在値)や昨日の日平均値等は「広島県大気情報ポータルサイト」でご確認ください。

 広島県大気情報ポータルサイト

〇「三次林業技術センター」測定局は「三次市十日市町」測定局へ名称変更しました。(測定場所の変更はありません。)

〇令和元年6月21日 福山市の測定局(向丘中学校)で微小粒子状物質(PM2.5)の測定を開始しました。

〇令和2年4月1日 「駅家東小学校」測定局は「駅家北小学校」測定局,「神辺事業所」測定局は「神辺支所」測定局へ名称変更しました。(測定場所の変更はありません。)

 

高濃度予報発表時のお知らせについて

次の場合,微小粒子状物質(PM2.5)の日平均値が70μg/㎥を超えると予測されるので,高濃度予報を発表します。高濃度予報を発表した場合は,「広島県大気情報ポータルサイト」でお知らせするほか,報道機関等を通じて県民の皆様にお知らせをします。
 
午前8時頃

早朝(5~7時)の平均値が85μg/㎥を超えた場合

午後1時頃午前(5~12時)の平均値が80μg/㎥を超えた場合
 
微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起のための暫定的な指針に基づく広島県の対応方針  (PDFファイル)(111KB)

【高濃度予報発表のメール配信について】
高濃度予報を発表した場合,あらかじめ登録されたメールアドレスへ発表情報をお知らせするメール配信サービスを提供しています。
登録方法等の詳細は,こちらのページ(広島県大気情報ポータルサイト)でご確認ください。

微小粒子状物質(PM2.5)の参考情報

微小粒子状物質(PM2.5)関連情報 (PDFファイル) 
微小粒子状物質(PM2.5)の推移や,中国のPM2.5の把握方法等について掲載しました。

広島県内の大気測定局の微小粒子状物質(PM2.5)の測定開始日 (PDFファイル)(398KB)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする