このページの本文へ
ページの先頭です。

プラスチック資源循環法

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月15日

プラスチックは,その高い利便性から,私たちの身の回りの製品や包装材など,幅広く利用されており,生活に不可欠な素材です。
一方で,海洋プラスチックごみ問題や気候変動問題などへの対応として,国内におけるプラスチック資源の循環・有効活用についての重要性が高まっています。
このような状況を踏まえ,プラスチックを利用した製品が設計から廃棄物として処理されるまでのライフサイクル全般において,関係するあらゆる主体における取り組みを促進するため「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラスチック資源循環法)」が令和4年4月1日から施行されました。

プラスチック資源循環法では以下の項目について定められています。

  • プラスチック使用製品設計指針
  • 特定プラスチック使用製品の使用の合理化
  • 市区町村による分別収集・再商品化
  • 製造事業者等による自主回収及び再資源化
  • 排出事業者による排出の抑制及び再資源化等

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする