このページの本文へ
ページの先頭です。

第9期広島県分別収集促進計画の概要

印刷用ページを表示する掲載日2019年10月31日

1 概要

 循環型社会の実現に向けて,県内における容器包装廃棄物の3Rに係る取組の一層の推進を図るため,容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進に関する法律(容器包装リサイクル法)第9条第1項の規定に基づき,令和2年度を始期とする「第9期広島県分別収集促進計画」を策定しました。

2 計画の期間

  令和2度から6年度までの5年間(3年ごとに見直し)

  • 第1期:平成8年度作成(平成9年度~13年度)
  • 第2期:平成11年度作成(平成12年度~16年度)
  • 第3期:平成14年度作成(平成15年度~19年度)
  • 第4期:平成17年度作成(平成18年度~22年度)
  • 第5期:平成19年度作成(平成20年度~24年度)
  • 第6期:平成22年度作成(平成23年度~27年度)
  • 第7期:平成25年度作成(平成26年度~30年度)
  • 第8期:平成28年度作成(平成29年度~33年度)

3 計画の内容

(1)対象品目

スチール,アルミ,ガラス(無色,茶色,その他),紙パック,段ボール,その他の紙,
 ペットボトル,その他のプラスチックの容器包装廃棄物10品目

(2)容器包装廃棄物収集見込量

対象品目 令和2年度 令和3年度 令和4年度 令和5年度 令和6年度
無色のガラス 5,298トン 5,265トン 5,231トン 5,195トン 5,165トン
茶色のガラス 4,999トン 4,960トン 4,916トン 4,878トン 4,840トン
その他のガラス 2,253トン 2,237トン 2,222トン 2,208トン 2,194トン
その他の紙 336トン 335トン 334トン 333トン 332トン
ペットボトル 4,851トン 4,829トン 4,811トン 4,785トン 4,759トン
その他のプラスチック 22,273トン 22,203トン 22,122トン 22,045トン 21,965トン
  うち白色トレイ 17トン 17トン 17トン 17トン 17トン
スチール 2,939トン 2,915トン 2,892トン 2,866トン 2,843トン
アルミ 2,896トン 2,873トン 2,849トン 2,825トン 2,799トン
段ボール 9,467トン 9,417トン 9,386トン 9,334トン 9,289トン
紙パック 126トン 125トン 124トン 123トン 122トン
55,438トン 55,159トン 54,887トン 54,592トン 54,308トン

(注)収集見込み量 (PDFファイル)(91KB)は,県内各市町が策定した第9期分別収集計画に基づく 

(3)市町別の容器包装廃棄物の収集見込量

 4 分別収集の促進に係る取組み

 計画を着実に実施し,容器包装廃棄物の3Rに係る取組をさらに促進するため,容器包装廃棄物の排出抑制,分別収集の徹底,適正な再商品化の推進について施策を展開します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする