ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

ダイオキシン類を減らすためにはどんな対策がありますか?

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

●ダイオキシン類の規制

 ダイオキシン類対策特別措置法に基づき,人の健康維持に望ましい基準として,ダイオキシン類の濃度について,次のとおり環境基準が設定されています。
 また,ダイオキシン類対策特別措置法または廃棄物処理法に基づき,廃棄物焼却施設から排出されるガスや水,ばいじん等のダイオキシン類の濃度についても,基準が定められています。

環境基準

(住宅地や公園など人が日常生活をする場所)

  濃度
大気 0.6pg-TEQ/m3
水質 1 pg-TEQ/L
底質 150 pg-TEQ/g
土壌 1,000 pg-TEQ/g

廃棄物焼却炉に関する基準

●大気排出基準

燃焼室の
処理能力
新設施設(平成9年12月1日~) 既存施設
(平成14年12月1日~)
4トン/時以上 0.1ng-TEQ/m3  1ng-TEQ/m3
2~4トン/時 1ng-TEQ/m3  5ng-TEQ/m3
50キロ~2トン/時 5ng-TEQ/m3 10ng-TEQ/m3

1ng(ナノグラム):10億分の1(10-9)gを表す単位
 (※)処理能力50キロ~200キロ/時のものは,平成13年1月15日から適用
水質排出基準:10pg-TEQ/L(平成15年1月15日から)
●ばいじん等の処理基準:3ng-TEQ/g

 

●市町村のごみ焼却施設

ダイオキシン類の発生が少ない施設に転換するため,複数の市町村が協力して焼却施設の集約化・大型化を進めていきます。

市町村のごみ焼却施設
事業所の廃棄物処理施設

●事業所の廃棄物処理施設

   焼却施設の設置者に対して,立入検査を行い,年1回以上のダイオキシン類の測定や施設の構造基準の遵守を指導しています。

●小型焼却炉

小型焼却炉からもダイオキシン類が発生するといわれています。処理能力が毎時50kg未満のものは法の規制対象になっていませんが,県立の学校や病院などは,原則使用を中止しています。家庭でもできるだけ控えてください。
(処理能力毎時50kg以上又は火床面積0.5m2以上のものはダイオキシン類対策特別措置法により平成12年1月15日から新たに規制対象となりました。)

小型焼却炉

Q&Aに戻る  

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする