ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

平成21年度環境ホルモン環境汚染状況調査結果について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

1 状況調査

  環境ホルモンの環境汚染状況を把握し環境リスクの低減を図るため,河川及び海域の14地点で水質調査を実施した結果,13地点で環境省が設定した予測無影響濃度※※を下回っていたが,ノニルフェノールが1地点で,最大無作用濃度は下回ったものの予測無影響濃度を上回った。
※環境ホルモン:動物の生殖等の正常なホルモン作用に影響を与える内分泌かく乱化学物質
※※予測無影響濃度:魚類へ害を及ぼさない最大の濃度(最大無作用濃度:ノニルフェノール6.08μg/L)に,10倍の安全率を乗じて設定された濃度

2 調査内容

(1)調査項目:ノニルフェノール,4-オクチルフェノール及びビスフェノールA
(2)試料採取時期:平成21年10月
(3)調査地点:14地点(河川12地点,海域2地点)

3 調査結果

13地点で環境省が設定した予測無影響濃度※※を下回っていたが,ノニルフェノールが1地点で,最大無作用濃度は下回ったものの予測無影響濃度を上回った。(詳細は,別紙のとおり。)

物 質 名検出範囲
(μg/L)
予測無影響濃度
を超えた地点数

最大無作用濃度
(μg/L)

予測無影響濃度
(μg/L)
ノニルフェノール0.05未満~0.87μg/L1/146.08μg/L0.608μg/L
4-オクチルフェノール0.01未満~0.24μg/L0/149.92μg/L0.992μg/L
ビスフェノールA0.01未満~0.20μg/L0/14247μg/L24.7μg/L

(参考) μg(マイクログラム)=10-6g(100万分の1グラム)

化学物質のトップページへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする