ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

表5 環境基準の達成状況

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月21日

○ BOD又はCOD

区分 類型 達成期間 環境基準類型
指定水域数
達成水域数 達成率(%)
17年度 13~16年
度(平均)
河川
(BOD)
AA 3 3 100% 75%
49 45 92% 94%
1 1 100% 75%
4 2 50% 38%
11 10 91% 95%
2 1 50% 75%
8 5 63% 53%
1 1 100% 100%
2 2 100% 100%
1 1 100% 100%
河川計 82 71 87% 86%
湖沼
(COD)
AA 1 0 0% 0%
3 2 67% 100%
1 0 0%  
湖沼計 5 2 40% 67%
海域
(COD)
6 1 17% 37%
2 0 0% 0%
1 0 0% 0%
2 1 50% 0%
2 1 50% 38%
1 1 100% 100%
海域計 14 4 29% 29%

資料:県環境対策室
(注)1 県際水域(江の川,備讃瀬戸,燧難北西部,大竹・岩国地先海域,広島湾西部)については,広島県水域区内を一環境基準類型指定水域とみなして判定した。
 2 河川の環境基準類型指定水域数については,環境基準点のない成羽川及び小田川を除いている。
 3 達成期間は次のとおりである。

○ 全窒素及び全燐

区分 類型 達成期間 環境基準類型
指定水域数
達成水域数 達成率(%)
17年度 13~16年
度(平均)
湖沼
(全窒素)
2 2 0 0% 0%
合計 2 0 0% 0%
湖沼
(全燐)
2 1 0 0% 25%
2 1 50% 50%
3 1 0 0%  
1 0 0%  
合計 5 1 20% 42%
海域
(全窒素)
2 6 5 83% 86%
1 1 100% 100%
3 1 1 100% 100%
4 1 1 100% 0%
合計 9 8 89% 86%
海域
(全燐)
2 6 6 100% 100%
1 1 100% 100%
3 1 1 100% 100%
4 1 1 100% 0%
合計 9 9 100% 97%

 資料:県環境対策室
(注)1 県際水域(江の川,備讃瀬戸,燧難北西部,大竹・岩国地先海域,広島湾西部)については,広島県水域区内を一環境基準類型指定水域とみなして判定した。
 2 達成期間は次のとおりである。
 (1)「イ」は,直ちに達成
 (2)「ロ」は,5年以内で可及的速やかに達成
 (3)「ハ」は,5年を超える期間で可及的速やかに達成
 (4)「ニ」は,段階的に暫定目標を達成しつつ,環境基準の可及的速やかな達成に努める。

 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする