広島県の新たな魅力

ひろしまサンドボックスのロゴ

広島県は、AI/IoT、ビックデータ等のデジタル技術の利活用により、
これまでにない新しいソリューションを創り出すための実証実験の場「ひろしまサンドボックス」をスタートさせ、
県外からも多様な企業や人材を呼び込み、共創による様々な産業、地域課題の解決に取り組みます。

募集概要

ひろしまサンドボックスのコンセプト

サンドボックスとは、文字どおり砂場の意味で、ひろしまサンドボックスも砂山を作ってはならすように、みんなが集まって、創作を繰り返す、何度も試行錯誤できる場として、多くの企業の方々に参加していただきたいと考えております。

コンセプトの画像

ひろしまサンドボックスの体制図

体制図の画像

採択事業

1 つながる中小製造業でスマートものづくり
デジタルソリューション株式会社
2 島しょ部傾斜地農業に向けたAI/IoT実証事業
一般社団法人とびしま柑橘倶楽部
3 スマートかき養殖IoTプラットフォーム事業
国立大学法人東京大学
4 宮島エリアにおけるストレスフリー観光
西日本電信電話株式会社
5 AI/IoT活用による保育現場の「安心・安全管理」のスマート化
株式会社アイグラン
6 通信型ITSによる公共交通優先型スマートシティの構築事業
中電技術コンサルタント株式会社
7 海の共創基盤~せとうちマリンプロムナード~
株式会社ピージーシステム
8 異なるプラットフォーム間での有機的なデータ結合を行い、新しいサービス創出に取り組める、データ連携基盤の構築とのその実証
ソフトバンク株式会社
9 広島県民の医療や健康等個人情報にブロックチェーン型情報管理と情報信託機能を付与した情報流通基盤を構築する事業
国立大学法人広島大学

実証実験の様子

実証実験の様子の画像1 実証実験の様子の画像2
ページの上部へ