立地環境

「地方都市」とくくってしまうにはもったいない。人もモノも情報も集まる広島県。

津波・地震などのリスクが少ない安定性の高い立地環境です。

リスクの少なさは危機管理の上でも必須の条件。広島県は温暖な気候に恵まれ、大きな地震の頻度も低く、津波や台風によるリスクは比較的少ない地域です。

地震

過去10年で震度5強以上の地震
0回

今後30年で震度6弱
以上の地震が
起こる確率は低く、
大規模地震の
リスクが少ない

過去のデータを見ると、広島県は大規模地震が少ない地域だとわかります。
また、安心して事業を継続していくためには、未来への安心も大切。広島県の未来予想データでは、大規模地震の発生確率は低い予想となっています。

確率論的地震動予測地図:確率の分布

広島県の震度別地震回数表

広島県の震度別地震回数表

津波

瀬戸内海に面し、低い津波リスク津波

津波の高さ

天候

年間平均気温
16.2℃

1年を通じて温暖で過ごしやすい、瀬戸内気候

広島県は一年を通じて温暖で、穏やかな気候です。中国山地と四国山地にはさまれた地形により、季節風の影響を受けにくく、事業展開するにふさわしい地域だと言えます。

瀬戸内気候
広島県平均気温16.2℃ 降水量1573.0mm

活火山

広島県の活火山数
0山

広島県は活火山がゼロ

広島県内には活火山がなく、中国地方でみても2山と少なく、万が一の噴火による被害は少ないといえます。

日本の活火山の分布 広島県0山

台風・落雷

過去10年間では、ほかの地域に比べ台風接近数は少なく、
雷発生率も低いエリア

平均台風接近数
2.3回

過去10年間の台風平均接近数を見ると、全国の中でも

平均台風接近数(2005年~2014年までの10年平均値)
中国地方2.3回

雷発生日数
16.6日

広島県の年間の雷発生日数は、日本海沿岸などの地域に比べ少なくなっています。
落雷によって、工場の電気系統等に影響を及ぼすリスクが少ない地域です。

年間の雷発生日数(2005〜2014年までの10年平均値)
広島16.6日
ランプ

安定した電力供給

中国地方における電源構成は、バランスのとれた公正であり、将来にわたり安定した電力供給を受けることができる見通しです。

2015年度夏季(8月)の電力需給見通し

電力の見通し

災害に強い広島県の
実現に向けて

広島県は減災の推進を図り、災害に強い広島県を実現するため、県民、自主防災組織、事業者、行政等が一体となって、「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動」を展開しています。
この運動において、本件では、県民や事業者の皆さんに災害発生の危険性をいち早く「察知」していただくために、広島県防災Webによる災害危険箇所、気象情報、防災情報の提供や広島県防災情報メールによる気象情報、防災情報などの提供を行っています。

県民総ぐるみ運動「みんなで減災」
ページの上部へ