広島県 県章広島県 コロナ感染事例

#出張」に関するコロナ感染事例

全ての事例を見る

7

2022年524日 更新

# 陽性者 感染事例
1 50代男性 同僚と県外へ出張していた。広島に戻った翌日、喉の痛みを発症したため、検査を受けたところ、陽性と判明した。その後、咳も出始めた。ワクチン接種歴なし。
2 60代男性 感染したのは関東地方への出張が原因かと思ったが、取引先と宿泊先との往復で感染してしまうなんてと驚いている。療養期間中は仕事のことと、家族にうつしていないかということが気がかりであった。ワクチン接種歴なし。
3 20代男性 県外から出張で広島を訪れた。共に来た者とともに陽性が判明した。ワクチン接種歴なし。
4 30代男性 県外より出張のため、広島を訪れた。滞在2日目に、熱、息苦しさを発症した。検査したところ、陽性と判明した。ワクチン接種歴あり。
5 30代男性 出張で行動を共にしていた同僚のうち複数名が陽性と判明した。宿も同部屋であった。帰宅後、40度を超える発熱、頭痛が現れ、他の同僚にも症状が現れたため、全員検査し、陽性が判明した。ワクチン接種歴なし。
6 40代男性 県外へ出張し、のちに陽性が判明した者と会食をした。その3日後発熱、咳、咽頭痛、倦怠感、筋肉痛を発症。医療機関で検査したところ、陽性と判明した。ワクチン接種歴なし。
7 40代男性 連日、同僚と会話をしながら昼食をとっており、一緒に近隣県にも出張した。38度台の熱、全身倦怠感を発症。翌日には熱が39度まで上がり、咽頭痛、頭痛、関節筋肉痛の症状も現れた。検査の結果、陽性と判明した。同僚も体調不良を訴えている。ワクチン接種歴なし。