このページの本文へ
ページの先頭です。

イノベーション人材等育成事業補助金の公募のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日2019年2月6日

広島県では,県内企業の持続的発展に不可欠なイノベーションを実現するための人材育成を支援しています。
県内に本社・本店を置く中小・中堅企業を対象に,社員を国内外の大学や企業,研修機関などへ派遣して,『新たな価値を生み出す知識・技術を習得する』取り組みに対して助成を行っています。

1 事業の目的等

 県内に本社または本店を置く中小企業及び中堅企業が,社員を国内外の大学・企業・研修機関等へ派遣する取組に要する経費の一部を県が補助することにより,本県産業の持続的発展に不可欠 なイノベーションの原動力となる高度で多彩な産業人材の育成を図り,県内企業の新たな分野や事業への展開や競争力強化を促進することを目的に実施するものです。

2 補助対象事業者

 今後成長が見込まれる産業分野への事業展開や新たな価値創出による競争力強化に意欲的な県内に本社または本店を置く中小・中堅企業

3 補助率・補助限度額 

 

研修(研究)等派遣期間の要件

補助率

補助上限額

長期滞在型
研修

学位取得のための大学院派遣で,12か月以上の派遣先での滞在による研修
又は
知識・技術習得のための大学・企業等派遣で,12か月以上の派遣先での滞在に
よる研修

2/3

400万円

長期通い型
研修

学位取得のための大学院派遣で,12か月以上の派遣元からの通いによる研修
又は
知識・技術習得のための大学・企業等派遣で,12か月(延べ300時間)以上の
派遣元からの通いによる研修

2/3

200万円

その他研修

15日(延べ75時間)以上の知識・技術習得のための研修(経営系研修を除く。)

1/2

100万円

4 補助対象経費等

(1)補助対象経費

 【国内研修】 入学料,受講料,旅費 (研修等派遣中の社員人件費,代替社員の賃金) 等

 【国外研修】 上記に加え,渡航費,保険料等

 注) ( )は,長期滞在型研修に派遣した場合に限る。

(2)採択方法

 外部有識者等から意見を聴取した上で,応募書類による審査を行い補助事業者を決定します。

5 公募について

 公募の詳細につきましては,各年度ごとのリンク先をご覧ください。
 ※補助事業者が提出する書類(交付申請書,実績報告書等)も掲載しておりますので,対象年度のリンク先を適宜ご利用ください。

6 問合わせ・提出先

 〒730-8511 広島市中区基町10番52号

 広島県商工労働局 産業人材課 人材育成グループ

 電話:082-513-3420 Fax:082-223-6314

 E-mail:syojinzai@pref.hiroshima.lg.jp

 

 

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする