ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 安心保育推進課 > ひろしま自然保育認証制度を創設します

ひろしま自然保育認証制度を創設します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月10日更新

ひろしま自然保育認証制度

ひろしま自然保育認証制度とは

 ひろしま自然保育認証制度は,自然体験活動を計画的・継続的に取り入れて,教育・保育を行っている団体を,県独自の基準により認証する制度です。
 幼稚園,保育所,認定こども園のほか,認可外保育施設なども,認証の対象です。

制度の目的

  幼稚園や保育所の多くでは,以前から,自然環境を活用した体験活動を日々の教育や保育に取り入れる取組が行われており,近年では,自然との触れ合いを大切にする「森のようちえん」と呼ばれる取組も広がっています。

 そこで,本県独自の認証制度を創設し,活動内容について情報発信を行うことで,自然保育が保育サービスの選択肢の一つとなり,子供たちがより安心して自然保育を体験できるようになることを目的としています。

 さらに,自然保育に関心をお持ちの子育て世帯にとって魅力的な保育環境が充実し,本県への来訪や移住定住を促すとともに,地域の活性化にもつながります。

 

認証基準

認証の基準は,2つの認証区分(1型・2型※)それぞれに応じて,次の10項目について定めています。

※認証区分の実施要領上の表記はローマ数字

1.保育などの内容
2.自然体験活動
3.野外での活動場所
4.地域社会との連携
5.安全確保
6.個人情報の保護
7.保育者の人数
8.研修(質の担保)
9.運営
10.小学校との連携

 

2つの認証区分は,以下の項目で異なっています。

 
2つの認証区分について
区分1型2型
定義日々の保育等において,充実した自然体験活動を実施している団体日々の保育等において,自然体験活動を積ごく的に取り入れている団体
自然体験活動3歳以上の子供について,屋外を中心とした自然体験活動の時間が,平均して週10時間以上となっていること。3歳以上の子供について,屋外を中心とした自然体験活動の時間が,平均して週5時間以上となっていること。
屋外での活動場所屋外での自然体験活動に使用できる場所(自然フィールド)が園庭以外にあり,季節や天候に応じて様々な自然体験活動ができること。

屋外での自然体験活動に使用できる場所(自然フィールド)が園庭以外にあり,季節や天候に応じて様々な自然体験活動ができること。

ただし,園庭において多様な自然体験活動が実施できる場合は,この限りではない。

研修

1 自然保育を行う上で有効であると考えられる外部の研修などの場に参加した常勤の保育者がいること。

2 保育者は,幼児の教育・保育を行う上で有効であると考えられる研修(一部の保育者がこれらの研修を受講し,当該保育者がほかの保育者及び管理者に研修内容を伝達するものを含む。)を年1回以上受講すること。

 保育者は,幼児の教育・保育を行う上で有効であると考えられる研修(一部の保育者がこれらの研修を受講し,当該保育者がほかの保育者及び管理者に研修内容を伝達するものを含む。)を年1回以上受講すること。

 

詳細は,実施要領をご覧ください。

ひろしま自然保育認証制度実施要領(平成30年1月9日改正) (PDFファイル)(271KB)

 

 

申請の方法

(1)様式は,こちらからダウンロードしてください。

様式 (Wordファイル)(58KB)

(2)申請期限(第2次)
 平成30年3月19日(月曜日)※当時消印有効

 (3)申請先
 広島県健康福祉局安心保育推進課 あて
 (〒730-8511 広島県広島市中区基町10番52号)

 

活動報告書の作成について

認証団体には,年に1回活動報告書を作成するようお願いしています。

活動報告書は,次の点に留意して作成してください。

この活動報告書は,県のホームページなどへ公開し,認証団体の活動PRや,乳幼児期の自然体験の実践の普及などに活用します。

 

活動報告書の作成上の留意事項

(1)公開可能なものとしてください。

(2)次の点からテーマを自由に選択し,各団体がPRしたいことを中心に記載してください。

※テーマは,1つでも,複数選択しても結構です。

 ・今年度,自然体験活動の場の充実に向けて工夫したことや取り組んだこと

 ・今年度,特に印象的だった,遊びの事例やエピソード

 ・そのほか,自然体験活動の充実に向けて取り組んだこと(保護者との協働,職員の資質向上の取組 など)

(3)分量は,A4用紙3枚(写真含む)を基本に,各団体の実情に応じて作成してください(様式は任意)

 

ひろしま自然保育推進事業補助金

 ひろしま自然保育認証制度により認証した団体の活動を支援するため,人材育成などに要する経費を補助する制度を創設しました。
1.補助の対象となる施設
ひろしま自然保育認証制度により認証を受けた団体
2.補助の対象となる事業
 (1) 自然保育の知識や技術,また,幼児の安全確保の向上を図ることを目的として開催される研修及び講習に参加する経費
 (2)自然保育の知識や技術の向上を図ることを目的として認証団体が開催する研修などに要する経費
3.補助金の額
 (1)支出額の2分の1を補助します。
 (2)補助金の額は,1団体あたり,15万円(1型)または3万円(2型)を上限とし,予算の範囲内で決定します。
4.交付要綱及び申請書
こちらからダウンロードできます。

ひろしま自然保育推進事業補助金 交付要綱 (PDFファイル)(150KB)

ひろしま自然保育推進事業補助金 申請書様式 (Wordファイル)(39KB)

参考資料

ひろしま自然保育認証制度の創設について(平成29年10月10日) (PDFファイル)(587KB)

ひろしま自然保育認証制度の拡充について(平成30年1月9日) (PDFファイル)(328KB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ