ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高齢者講習について

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月15日

高齢者講習とは

70歳以上の高齢者が運転免許を更新する際に事前に受けておかなければならない講習です。

受講対象者

更新期間満了日における年齢が70歳以上の方

  • 2時間講習~普通自動車対応免許を更新される方
  • 1時間講習~普通自動車対応免許以外(原付・二輪・大特・小特免許のみ)を更新される方又は運転技能検査対象者)

受講までの流れ

  1. 75歳以上の方には検査・講習通知書,70歳以上75歳未満の方には講習通知書が更新期間満了日の約180日前に届きます
  2. 通知書で必要な講習(2時間講習・1時間講習)を確認してください
  3. 通知書記載の実施場所一覧から希望する自動車学校等へ早めに電話で予約してください
    (認知機能検査・運転技能検査に該当している方は併せて予約可能)
  4. 予約した自動車学校等で受講してください

高齢者講習の内容

 
手数料
  • 2時間講習~6,450円
  • 1時間講習~2,900円
実施場所 自動車学校等→こちら(自動車学校等の予約状況一覧)をご確認ください
内容
  1. 講義
  2. 運転適性検査器材による指導
  3. 車両を運転しての実車指導(1時間講習の方は実車指導は除きます)

実車指導の内容

実車指導では,実際にコースで普通自動車を運転して,課題を行います。

課題は運転技能検査と同等の内容(指示速度による走行,一時停止,右折・左折,信号通過,段差乗り上げ)を行い,加齢に伴う身体機能の低下によるご自身の運転技能を自覚して,安全運転に繋げていただく内容となります。 (採点はなし)

この記事をシェアする