このページの本文へ
ページの先頭です。

麦新品種「さわゆたか」導入で過去最高収量の期待高まる(世羅町)

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月17日

大麦さわゆたかの収穫  過去最高収量を期待する社員の大西さん

 世羅町の(農)さわやか田打(代表理事 岡田以得)では,6月1日から六条大麦新品種“さわゆたか”の収穫が始まっています。

 “さわゆたか”は,農研機構で育成された品種で,さわやか田打で4年間の試験栽培が行われ,令和4年産から11.1haで本格導入しています。従来品種に比べて稈長が長く,耐倒伏性の面ではやや劣るものの,“茎立ち”の時期が遅いため凍霜害リスクが低く,収量性に優れる品種です。

 当該法人では,5年ほど前からハーフソイラー,ボトムプラウ利用による排水対策や後期重点施肥体系の導入によって収量が高位安定していますが,これに加え収量性に優れる新品種導入によって,令和4年産は過去最高収量の450kg/10a以上,約50tの収穫を見込んでいます。

 

(東部農業技術指導所)

トップページに戻る

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

ひろしま病害虫情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web