このページの本文へ
ページの先頭です。

“積極的にとる稲作”への転換をめざし,社員の人材育成をサポート(世羅町)

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月17日

                       社員による水稲生育調査の様子

 5月26日,世羅町の(農)穂M I N O R I(代表理事 宇坪 實)では,社員による水稲生育調査がスタートしました。

 この取組は,新潟県の先進経営体との交流をきっかけとして,「稲の生育を見て自らが判断し栽培管理に反映できる体制づくりとデータに基づく栽培管理と改善対策検討の重要性」を社員が認識し,関係機関との栽培反省会で協議検討を重ね,本年から新たに開始したものです。

 当日は,生育調査箇所の選定に係る留意点や調査方法などについて目合わせを行い,極早生品種の第1回目の調査を実施しました。品種ごとに年4~5回程度の生育調査を計画しており,指導所では“できたコメをとる稲作”から,“生育診断を踏まえた積極的にとる稲作”への転換に向けた人材育成支援をサポートしていきます。

 

(東部農業技術指導所)

トップページに戻る

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

ひろしま病害虫情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web