このページの本文へ
ページの先頭です。

追肥によるアスパラガス単収向上実証展示ほの取組(東広島市)

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月12日

展示ハウスでの太い若茎 ハウスや露地アスパラガスの巡回風景

 JA広島中央と当所が連携して,アスパラガス単収向上のため,(農)うやまのハウス内に「追肥による単収向上実証展示ほ」を設置しました。

 この技術は,九州の先進地技術を参考にしたもので,若茎の実際収量に応じて,適正量の追肥を春芽萌芽時から積極的に施用していくものです。

 ある試験区では,4月21日時点で目標単収2t/10aに対し,すでに700kg/10aを超えている上,まだまだ太めの若茎が萌芽していることから,目標単収をクリアする可能性を十分に感じています。

 JA広島中央野菜振興協議会アスパラガス部会(44戸,8.3ha,事務局:JA広島中央)では,技術内容や成果を整理し,今後,生産者へ展示ほの実績を報告していくこととしています。

(西部農業技術指導所)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

ひろしま病害虫情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web