このページの本文へ
ページの先頭です。

若手就農者の ミニトマト,葉菜類栽培(東広島市)

印刷用ページを表示する掲載日2019年5月23日

 トマトの生産管理状況 関係機関での巡回の様子

 東広島市豊栄町の福原 由美(ふくはら ゆみ)さんと福光 砂戸美(ふくみつ さとみ)さんは,平成29年度に就農し,今年で3年目となります。現在は,4~5月にかけて,時期をずらしながら定植したミニトマトの生育に合わせ,日々,ハウス管理に注力しているところです。

 当所と関係機関の職員は,5月8日にハウスを訪問して,管理状況を確認しました。昨年は,高温少雨の影響で,うどんこ病やコナジラミ類等が多発したことと,定植時期をずらした作型で結局生育が揃い作業競合が起こったこと等の問題が発生しました。そのため,今作は早い時期から丁寧に肥培管理や病害虫対策に取り組んでいます。

 また収入確保のため,ミニトマトの後作に葉菜類を栽培していますが,出荷量を増やして販売を有利にするため,他の生産者と連携することも考えております。

 福原さんは「ビニールハウスを増棟していくので,きちんとした管理ができるよう技術を向上したい」,福光さんは「作付け時期や労力配分を工夫し,単収を増やしていきたい」と目標を持って経営しています。

 お二人は,将来の地域農業の担い手として期待されており,当所は,市やJA等の関係機関と連携して,目標が達成されるよう支援していきます。

 (西部農業技術指導所)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

ひろしま病害虫情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web