このページの本文へ
ページの先頭です。

地元住民が取り組んだ鳥獣被害対策を紹介(庄原市)

印刷用ページを表示する掲載日2019年11月26日

座学研修会の様子 実演の様子

 本村自治振興センターで,11月15日に市内の住民など50名が参加して鳥獣被害対策の取組報告と侵入防止柵設置の研修会が開かれました。この研修会は庄原市が企画したもので,「サロンピラミッド みんなの畑の取組について」と題し,本村町サロンピラミッド代表の森田千代美さんが事例発表を行いました。「せっかくできた野菜が被害に遭ったのをきっかけに,獣害対策の研修会に参加した。はじめは,何から被害を受けているのかわからなかったが,自動撮影カメラを設置し,イノシシの集団が来ていることがわかり対策を行った」「守れる畑づくりを地域の皆さんに呼び掛けている」などの話をされました。

 鳥獣被害対策アドバイザーらが,侵入防止柵の設置のコツや支柱の打ち込み方法などを説明した後,参加者はワイヤーメッシュ柵を実際に設置しました。

(北部農業技術指導所)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されいているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

病害虫発生予察情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web