このページの本文へ
ページの先頭です。

ほうれんそう収穫機の実演会開催(廿日市市)

印刷用ページを表示する掲載日2019年8月21日

収穫の様子その1 収穫の様子その2

 廿日市市軟弱野菜部会(会長:平尾和彦氏,会員12名)は,8月7日に上野頼和さんのほ場で,ほうれんそう収穫機の実演会を開催し,生産者やJA,市,指導所の関係者約20名が出席しました。

 軟弱野菜は,収穫・調製作業が労務の大半を占めており,規模拡大の阻害要因となっています。こうした中,今年7月に株式会社クボタが,ほうれんそう収穫械を発売したことから,部会の行事として開催しました。実演会では,まず収穫機の特徴や注意点について同社担当者からの説明を聴き,その後実際にほうれんそうを収穫しました。ほ場は多少凹凸があったものの順調に収穫できたことから,生産者からは概ね好評でした。収穫機を効果的に使うためには,条間15cmの4条同時播種や立性品種が望まれます。生産者からは,「2条刈で,汎用性のある安価な収穫機ができないか。」という要請があり,改善に向けたやり取りをしました。

 引き続き,部会活動や担い手の経営発展に向けて,生産現場における改善を支援していきます。

 

 (西部農業技術指導所)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

ひろしま病害虫情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web