このページの本文へ
ページの先頭です。

夏秋いちごの収穫始まる(庄原市)

印刷用ページを表示する掲載日2019年7月3日

 自動調光システムの様子 収穫後のいちご

 庄原市の北部地域では,6月中旬から夏秋いちごの収穫が始まりました。産地では4法人で約4haの夏秋いちごを栽培しており,西日本有数の産地となっています。

 夏秋いちごの特徴である甘酸っぱさはクリームとの相性が良いため,収穫物のほとんどが製菓店へ出荷されています。ますます国産の需要が増加する中で,産地では国内シェアを拡大させるために様々な取組を行っています。

 庄原市東城町の東城八幡ファーム(株)(竹田弘稔(たけだひろとし) 代表)では,県立総合技術研究所農業技術センターが開発した日射量に合わせて寒冷紗が自動開閉する「自動調光システム」の本格導入を今年度から開始しました。日射量の過不足に弱い「夏秋いちご」に対して,適切な日射量を簡易に調節することができます。

 また,今年度からの新たな取組として,気温,地温および培地の土壌水分をスマートフォン等で関係者が閲覧できる遠隔モニタリング技術の導入を開始する等,産地では,より好適条件での栽培ができるようICT機器の導入に力を入れています。

 夏秋いちごの収量や品質が向上するよう引き続き支援していきます。

 

 (北部農業技術指導所)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されいているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

病害虫発生予察情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web