このページの本文へ
ページの先頭です。

水稲硫黄欠乏モニタリング調査の検討会を開催(県内全域)

印刷用ページを表示する掲載日2019年4月18日

 スライドタイトル 県内モニタリング調査

 4月9日,県立総合技術研究所農業技術センター(東広島市八本松町)で水稲硫黄欠乏に係る検討会を行いました。

 広島県では,平成28年ころから県東部を中心に水稲の硫黄欠乏症状が散見されるようになったことを発端に,県内における本障害の発生状況を把握するため,平成30年度に県内60カ所の水田についてモニタリング調査を行いました。検討会では,水稲の硫黄欠乏の研究に取り組まれている東北大学 菅野准教授を招き,近年の研究動向に係る講演と発生モニタリング調査結果を踏まえた今後の対応について助言をいただきました。

 モニタリング調査の結果,水田土壌における可給態硫黄の目標水準を上回っていたのは60圃場中4圃場のみで,約5割の圃場で硫黄欠乏の発生が懸念される水準の圃場と判断され,硫黄欠乏の発生リスクのある圃場が県内に広く分布していることが分かりました。

 菅野准教授からは,「硫黄欠乏による生育の遅延が収量向上のさまたげとならないよう,まずは水田土壌の可給態硫黄含量を目標水準レベルまで高めた上で,各種の収量向上に係る取組・技術導入を行って行く必要がある。」との助言をいただきました。

 広島県では,関係団体と連携し,本障害の発生回避に向けた対策技術の現地実証に取り組むとともに,すでに本障害が問題となっている経営体に対しては,「育苗床土への石膏混和」や「硫黄を含む資材の本田施用」等の対策を指導していくこととしています。

 (西部農業技術指導所)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

県の農業技術指導所

指導所名をクリックすると各所のホームページに移ります。

 

県の関係機関

機関名をクリックすると,各機関のホームページに移ります。

県立農業技術大学校

農業技術センター

畜産技術センター

 

便利情報

バナーをクリックすると,情報が掲載されているホームページに移ります。

月別の異常気象などに伴う農作物等被害対策

ひろしま病害虫情報

研修受入情報白色

稲・麦・大豆栽培基準

広島県の農林水産業

2025

GAPの導入推進について

鳥獣害対策について

広島県指導農業士会

広島和牛News

ひろしま農業応援ガイド

広島県産応援登録制度

ひろしま地産地消ファンクラブ

広島和牛の情報ページ

広島県防災Web